読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スレイヤーズEVOLUTION-R第1話ネタバレ感想補足

 昨日の投稿に拍手たくさんありがとうございます。やはり良くなっていく兆候があるのは嬉しいことですね。さて、今日は1話感想の補足版。今回は某キャラクターを中心に。以下、ネタバレです。

 ついにテレビ版スレイヤーズに白蛇のナーガが降臨。ドラゴンマガジン誌上で登場がほのめかされていましたが、どんな形で出るのかは直前まで秘密、でした。私はてっきり単発のゲスト扱いかと思っていましたが、まさか鎧に姿を変え、新キャラとしてレギュラー化までしてしまうとは・・・完全に予想外でしたよ。このナーマことナーガの登場は現時点・・・1話段階では非常に絶妙な登場のさせ方だったと思います。
 ナーガを登場させるに当たってクリアすべき点は2点。まずは普通に出てきた場合、アメリアとの競演が出来ないこと。説明するまでもないと思うけど、一応解説すると、「ナーガの正体はセイルーンの第一皇女グレイシアでアメリアの姉」、という裏設定があり、リナはそれを知らないままそれぞれと交流がある、という立ち位置になっている。ファンうちではもはや常識となっているこの裏設定ですが、原作においても作中では明かされておらず、他のメディアにおいてもこれを崩さないというのが決まりごと。もう1点のクリア事項は、ナーガご本人がいきないり登場してしまうと、TV版だけを見ている人には「誰?」ってなってしまうこと。
 この二つを見事にクリアしてみせたのが「鎧に姿を変え、ナーマという新キャラとして登場する」というものでした。リナもアメリアもナーマの正体がナーガ(グレイシア)と気づかないため、ナーガとアメリアが姉妹であることにも気づきません。ナーマも鎧化したときの影響か、過去の記憶が飛んでしまっているので、リナとアメリアと旧知であることに気がつかない。でも、ナーガのシルエットも登場しましたし、ナーガの事を知っている視聴者はその正体にすぐに気がつく。ナーマは姿形こそ違えど、その立ち居振る舞いはナーガなわけで、本能的にそれを感じ取っているリナは相変わらずの掛け合いを繰り広げる。・・・見事、ナーガがアメリアの姉とばれずにリナ・アメリアと同時登場を果たしたわけです。
 でも、あくまで作中では「ナーマ」。リナにとっては初めて出会う新キャラクターです。ナーガの事を知らない視聴者は「リナはどうしてああまでナーマにむきになるんだ?」というゼルと同じ視点で見ることが出来る。そう考えると、結局ナーマの正体については、リナもアメリアも気づかないままで、わかっている視聴者だけがわかる形で終わるような気がする。
 とは言え、正体を知っていたほうが面白いことは確かで、そういう意味では不親切・・・なのですが、今回は視聴者が限定されるAT-X。こういうやり方も充分ありだと思います。当ブログのアクセス解析を見ていると「スレイヤーズ ナーマ」で検索してやってきてくれている人が結構いるみたいで。ナーガの事をよく知らない人が、意味深な描き方に興味を持って調べているのかな、と思いました。これを機会に劇場版&OVAも是非どうぞ♪
 「鎧化」に関しては今作のキーワードの「冥王の壷」の設定と絡めて、不自然のない形になっています。これは最初にも書きましたが「1話段階では」絶妙だと思います。2話以降にはちょっと不安がある。それは未だ全貌が見えない「冥王の壷」の設定が複雑にならないか?と言うことですね。「壷一つにつき、一人の人間の魂を移し変えることが出来る。」とされる冥王の壷ですが、現段階で壷により魂を移動されたと思われる人物は、ポコタ・デュクリス・レゾ、そしてナーガと4人になっている。ひょっとしたら動く人形であるオゼルもそうなのかもしれない。すると、壷がいくつもあるのか?って話になってしまう。どこかに移せばリセットされてまた使えるものなのかも知れないけど、今はレゾの魂が入っているわけで、そうなってくるとナーガの魂はどうやって移ったのか?という疑問が生まれる。・・・まだ全貌が見えてないので、結論は出ないけど、この辺がうまく纏まるのかはちょっと心配。あとは、ギャグキャラであるナーガは、序盤のギャグパートでは問題なく立ち回れると思いますが、シリアス展開で居場所を見出せるか、という点にもちょっと不安がある。まあ、上で書いたように、「リナたちには正体は秘密」で終わりそうな予感もするので、途中でフェイドアウトするのかも知れないな。で、最後のほうでこそっと元に戻った姿が映る、とか。
 と、色々と考察を書き連ねましたが・・・ナーガ登場の第1話を見て素直に思ったことは・・・「やっぱり、リナのライバルはナーガだよね」、ってこと。口げんかから魔法決戦に至るまで、二人ともすごく生き生きしている。レボではポコタがリナのライバル的ポジションにいましたが、やはり年季が違うよなーと。特に、戦闘シーンは演出がまさにリナVSナーガって感じになっていてよかったです。ナーマは姿は鎧なのに、高いところに背筋を伸ばして立っていたりとか、手の動きやらしぐさがまんま、ナーガなんですよね。リナのほうも不敵な笑みを浮かべる表情がなんともVSナーガっぽい。何度も喧嘩して、厄介な相手だってのはわかっているんだけど、基本的にはリナが勝ち越してますから、あくまで余裕・・・そんな雰囲気が出ています。さらには林原さんと川村さんの息の合った演技も加わる。リナVS鎧という初の構図なのになんともいえぬ既視感。新しさと懐かしさが相まって、ぐっと入り込める戦闘シーンになっていたと思います。よく動いてたし。
 さて、まとめ。ナーマことナーガ。リナとの息の合わないようで合った掛け合いはもちろん、他の4人との絡みにも期待したい。特に、それと気づかぬ姉妹の会話にw