読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Front breaking 2番語り

 CDは発売延期になってしまいましたが、着うたフルをDLしたので先行でループで聞いております。という事で、2番語り行きまーす。以下、歌詞ネタバレあり。

 追記 すいません。言葉足らずでした。着うたフルで聞いたフルサイズのネタバレです。ラジオで2番までは聞いた、という方でCDでフルサイズ聞くのを楽しみにされている方はまだご覧にならない方がいいかと思います。

 最初は自分語り含みつつ、純粋に歌詞の感想から。個人的にはMeet again、Plenty of gritに引き続き2番に真価あり!という印象です。いや〜、いい感じに心をえぐってきますね。「諦め上手のフリして何を見ているの?」「本当は言われなくても知ってる。上手な言い訳ほど意味を持たないことを」あいたたたた。また私のことですか。なんと言うか、ほんと林原さんはファンの心理を読むのが上手いといいますか。きっと、ラジオにそういう葉書がいっぱい来るんでしょうね。多分、林原さんのファンには2種類いて、考え方に共感している人と、自分にないものを求めている人がいるのではないかと。私はぶっちゃけ後者なわけですよ。そんなわけだから、かなりストライクに入りましたね。「大人になると知恵がついてくるけど、敢えて正面突破の方が伝わることがある」…その言葉の意味がわかった気がする。敢えてここでまた「言い訳」をしますと、言い訳…この場合は自分の心を納得させることだと思うんですが、そういうものも時としては必要だと思うんですよね。やっぱり世の中、どうしたって思い通りにならないものもあるし、頑張れない時だってあるから。その辺は砂時計に関わってくるのかな、と思うとこの2曲がカップリングで発売されることの意味を強く感じる。だけど、自分の本当の気持ちは気持ちで大切にしようよ…そんなメッセージを感じました。やっぱり、聞いてるとなんか頑張らなきゃなあ…そんな気持ちになります。何を頑張ったらいいのかよくわからないけどさ、それは「目の前にある現実を一つ一つ砕いて」いけばいいのではないかと。
 と、自分語りVer.はここまでにして、スレイヤーズソングとしての側面から見た語り、行きましょうかw
 Front breakingは1番を聞いたときから「リナの決意の曲」だと思っていました。リナは普段から常に正面突破、な人ではないんですよね。面倒なことはやりたがらなかったり、不要な戦いは避けますし、搦め手で行くこともある。でも、逆境において「やる!」って決めてからはまさに正面突破。1番は私の中のイメージでは無印10話と原作13巻の覇王戦だったわけですが…2番はもう、もろにNEXT終盤ソングw歌詞にまで出てきちゃってますからねえ。その部分だけじゃなくて、2番冒頭からNEXTの終盤展開を彷彿とさせます。

>「眠る間もなく息づく傾いた世界で 心の使い方戸惑う日もある」
 NEXT終盤、リナはフィブリゾの策略によってガウリイを人質にとられ、重破斬を唱えることを強要される。重破斬は世界を滅ぼしてしまうかもしれない力。世界と「心」…大切な人、どちらを取るか。まさに究極の選択。

>「繰り返し繰り返されるマニュアルめいた答え 諦め上手なフリして何を見ているの?」
 「重破斬は世界を滅ぼすかもしれない。だから使うべきではない。」これがリナがとりあえず理屈で捉えて出していた答えでしょう。だけど、ガウリイを見捨てるわけにもいかない…だからどうしたらいいかはわからないけど、何とかするべく今は進む。そんな気持ちで最終戦に向かって走った。

>「ほんとは言われなくても知ってる 上手な言い訳ほど、意味を持たないことを」
 仲間達が倒れ、極限状態のその時、マルチナがリナに言った言葉…「好きなんでしょう、ガウリイのこと。世界が滅ぶかどうかなんて、関係ないじゃない。」リナも最初から「心」では「どんなことをしてもガウリイのことを助けたい」という答えを出していたんだと思う。でも、理屈とかリスクとか自身が持つ優れた状況判断能力とか、その他もろもろが絡み合って、その心を表に出せなかった。
だけど、今は心に従うとき。

>「遠い過去はもう悔やまず行こう」
 過去とは、何も知らずに重破斬を使ったこと…そしてアクア婆ちゃんに見せられた重破斬暴走のイメージの恐怖。

>「今目の前にある景色を 一つ一つ受け止めよう 痛みを荷っても」
 今、目の前にある景色は…まさに失われようとしている大切な人。その現実を前に、リスクを覚悟でリナは決意する。

>「たとえ世界が滅んだって 私はあなたを選ぶ」
 キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!力いっぱいシャウトですよ!しかも「あなたを選ぶ」って直に言っちゃってる感ありありですよ。25話のモノローグを受けた形ですが、本編ではリナが絶対言わなそうなセリフなんですよね。それを曲の中で聞けるとは…感動しすぎました。林原さんありがとうございます。着うたでサビ先行配信を聞いたときからニヤニヤしっぱなしだったわけですが、フルで聞くと、リナの決意が伝わってきて、また別の意味でも感動です。2番はNEXT25話がまさに、なイメージなんだけど、原作15巻の最終戦にも当てはまる気がしてきた。こっちはもっと切ない感じに当てはまるかなーという感じですが。

 そしてCメロ…って言うのかな?リピート部分終わった後に新しい歌詞の部分が。TVサイズとは終わりが違うと聞いていましたが、サプライズ、嬉しいです。
>「災い転じて粘り勝ち 最後の最後まで行こう」
 「最後」という単語が出てくる辺りに、一つのシリーズ終盤へ向けた曲であることを感じさせる。シリーズ途中(タイトルは変わりましたが話は続きですから)でオープニングが変わるのは初の試み。その辺も意識されたのか、曲調も終盤の激闘を予感させるような力強い感じです。1番と2番の間がかっこよくて好きです。…まあ、「最後の最後」と言われてしまうとスレイヤーズ自体の最後のようにも聞こえるのですが…林原さんは曲を作るときはいつも「これで最後」という思いで全力を込めて作るそうなので大丈夫ですw現にDVD特典用にもう1曲制作始まってるみたいだしw
 曲はもう聴いちゃってるんですが、CD入手して歌詞カードを見るのが楽しみです。