読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スレイヤーズワンドロSS 第二回お題 「いちご」

スレイヤーズワンドロSS 第二回お題 「いちご」

「これが…夢にまで見た…いちご食べ放題!!」
一面のいちご畑に囲まれながらリナが叫ぶ。
「ここのいちご…好きなだけ食べていいんだな…!」
かく言うオレもテンションが上がっていた。
「そうよ…ガウリイ…食べ放題…なんて素敵な響き…。くっくっく…参加費銀貨5枚でしかも制限時間ありってのは、どうせ元取れないだろうって高く食ってるんだろうけど…このあたし…リナ=インバースにが来たからにはそんな打算は打ち砕いちゃる!たっぷり後悔させてあげるわ…!」
リナの物騒な発言に思わずつっこむ。
「おいおい、ちょっとは加減しろよ…」
「とか言いつつ、もう物色始めてるじゃない、あんたも」
「はっ…つい…。いただこうぜ。いっただっきまーす!」
あむ。
「くー!うまいなこれ!」
フライング気味に一個目を食べたオレにリナが指を振りながら…
「ちっちっち…甘いわね…ガウリイ。」 
「ああ、甘いぜこれ!」
「その甘いじゃないって…あんた今、いちごを先っぽの細いほうから食べたでしょ?」
「そうだけど?なんかまずいのか?」
「ふっ…素人ね…。いちごはヘタ側…白いところから先に食べるのが通なのよ!!」
「なんだってぇ!!!」
早速逆側から食べてみる。
「…ほんとだ…なんかさっきよりうまい気がする!!」
「でしょ。いちごは先の方があまいから、最初に甘みの少ないヘタ側から徐々に甘い先端へ食べ進むと最後に口の中に甘味が残んのよ。」
そう言いながらもリナはいちごをヘタ側からぱくり。
「んー!おいひい!」
「へー、さすがよく知ってるなあ。」
「ふふん、ちっちゃい頃に実家にいちご卸してた農家のおっちゃんから聞いたのよ。」
そういや、リナの実家は商売やってるとか言ってたっけ。
「よし、豆知識披露したところで…一気に食べまくるわよ!!」
「おう!」
掛け声とともにオレたちは文字通り「いちご狩り」を始める。
オレも
いちごを食べながらも…リナの方がちらちらと気になる。
主に口元が…。
いちごの大きさに合わせて小さく開いてかぶりつく…なんというかそそられる。
…やっぱり…先から食べる方がいいんじゃないか…などと思いつつ…オレたちはいちご畑の主人が泣いて謝るまでいちごを食べ尽くした。
ごちそうさん


【あとがき】

ワンドロお題はいちご。テレビでやってたうんちく話思い出してネタにしてみました。

1時間で参加は初です。
荒いですけれども書いてて楽しかったです!