読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鳥獣戯画展行ってきました

鳥獣戯画展行ってきましたよ〜。
まず一言…行列すごい:(;゙゚'ω゚'):
8時前に行ったのにもうだいぶ列ができていて…200〜300人はいたでしょうか?それからもどんどん来る。雨などお構いなし。逆に涼しいからチャンス!と思った人が多かったのかも?私もです。
列整理が8時過ぎから始まりましたが、美術館の人が「今日はこれやばいな」と思わずつぶやくくらいの列。
公式Twitterを見ると開館前に1000人が並んだみたいで…。
コミケやらゲームショウやらを経験している私的には純粋に人の量という意味ではそんなには多くないと感じたのですが、会場も狭いですからね…行列これはやばい。
開館9時半なので一時間半ほど並んで…開館後はすぐに入れました。
入場制限をしているようなので、中はぎゅうぎゅう詰めという感じではなく、ゆったり見れました。
さて、これから行かれる方におせっかいな混雑対策アドバイス!

1.8時前に行くべし!2時間弱待ちで行けます。この後は開場後の待ち時間が長くなりそう。昼間は外で2時間、中で2時間の4時間待ちコースになるっぽい。

2.チケットは事前にコンビニ等で入手しましょう。チケット購入の列と開場待ちの列は分かれています。チケットブースは8時半頃にならないと開かないので、チケット列→開場待ち列と2回並ぶことになり、早く行くアドバンテージがなくなります。

3.鳥獣戯画は甲・乙・丙・丁の全四巻で構成されています。このうち、カエルとウサギの相撲など教科書等にも載っているお馴染みのあのシーンは甲巻にあたります。これが一番有名なので当然一番人気。閲覧のためには会場内でも並びます。ディズニーランド並の待機スペースが準備されていて、混雑を避けるためか順路の一番最後に配置されています。
 朝イチで会場内に入ったら…順路はとりあえず決して走らず、でも急いでスルーして…一目散に甲巻を目指しましょう…!他の展示はさほど混みません。あとからいくらでもゆっくり見れます。とにかく甲巻!これがやばい。私が入った時は10分待ちだったのですが、あれよあれよという間に大行列が出来ていて…出る頃には60分待ちに:(;゙゚'ω゚'):昼間は中で160分待ちとか恐ろしいことになるみたいです…。入ったらまずは甲巻!これ大事…。

 などと、混雑情報ばかり書いてしまいましたが、展示素晴らしかったです…!動物たちかわいいし、筆のタッチや紙の古さに歴史を感じる。それでいて今見ても古くないというか…日本人がマンガやキャラクター好きなのわかりますね。こんなに昔からマンガ書いてたんだもん。もっと眺めていたかった…。
 そして、グッズショップが散財ポイントすぎてこれもやばいwwもうかわいいのばっかりだよ…。書いすぎたよ。残念ながら、公式サイトで見かけて買う気満々だったマスキングテープは売り切れで5月下旬入荷でした…。欲しかった…(´;ω;`)

 行かれる方は行列覚悟でぜひ…!