読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

11/24スレイヤーズオンリーで「スレイヤーズ歴史学」頒布します!

スレイヤーズ

 こんばんは。すっかりご無沙汰しております。告知しておりました「スレイヤーズ歴史学」無事入稿が完了いたしました!本当はこのブログに制作日記的なものを書こうかと思っていたのですが、そんな余裕はなく…結局完成後の報告になってしまいましたヽ( ;´Д`)ノ。でも無事入稿できてよかった…!ってことで、本の情報とスペースNo.などを。

11/24(土)11:00〜15:00 スレイヤーズオンリー「とことん!スレイヤーズ
会場:川崎市産業振興会館 4階 企画展示場

サークル名:名称未定2ごう+スレイヤーズ学会
スペースNo.A-10

新刊:考察本「スレイヤーズ歴史学」(ドラまた新書)
オンデマンド印刷 新書サイズ 112頁 予価:500円 
概要:
想像力は無限大のスレイヤーズ。その世界に…魔族に…人に…リナに歴史あり!
L様っていったい何もの?降魔戦争はどんな戦いだった?伝説のあの人たちの活動年代は?リナは何歳ごろから魔法が使えたの?長編シリーズの時間経過はどうなってるの?そしてリナの未来の姿とは?
スレイヤーズ世界の「歴史」にスポットを当てた考察と年表で贈る歴史読本
表紙:

もくじ
第一章 世界の創生〜神魔の戦い 9
    世界の創生とL様の謎 11 / 竜神と魔王の戦い 18

第二章 降魔戦争 23
    元祖・降魔への道標 27 / レイ=マグナスの秘密 32

第三章 人の歴史 39
    レティディウスの遺産 44

第四章 リナ=インバースの時代 〜生い立ち編〜 49
    リナの生い立ち 56 (付録:カテゴリー別リナのおいたち)

第五章 リナ=インバースの時代 〜すぺしゃる編〜 63
    すぺしゃるの時間軸 69

第六章 リナ=インバースの時代 〜本編年表〜 75

第七章 リナ=インバースの時代 〜そして伝説へ〜 103
    その後のスレイヤーズ 106

☆その他頒布予定
スレイヤーズ学会名義 
 2011年10月発行「Slayers Wisdom 2」(学会誌第2弾)
 半島地図ポストカードフリー配布

ひよこ本舗名義 (はまりや&しろのさん合同)
 2011年10月発行 「しゃべくりスレイヤーズ」 (フリートーク本)
 2012年3月発行  「Days」(ガウリナ小説本)

既刊本も持込み予定です。(詳細別途)

 とまあ、だいたいこんな感じです。表紙を見ての通り、装丁に関してはかなりの素人本で恐縮です…絵が書けないのを逆手に取り、シンプル表紙して「ドラまた新書」ってことで新書サイズにしてみましたw
 でも、中身は結構がんばりましたよ。各章、基本的に年表+気になる話題をピックアップした考察読み物、という構成です。ただし、本編は年表に注釈をつけまくったものになります。原作本を机の横に積みつつ、7月くらいから作業を始め、データ取り取りすること3か月(と言っても途中ダラダラしたり遊んだりしてたけど)…なんとか形になりました…!書く作業は生みの苦しみはありつつも楽しんでやれたものの、かなりの私得本で見る人が楽しいのか悩んだりもしたのですが…「需要はなくても供給する」同人誌精神の元、ドラまた新書出しちゃいます!
 とまあ、肝心の中身のサンプルを出さなきゃ何が何やら、ですね。以下にサンプルを載せます。当日、お手に取って頂けたら嬉しいです!

■年表サンプル(改)

拡大表示
 Twitterで「ドリル形式にしたら面白そう」というご意見頂いたので、予習用穴埋め形式にしてみますwこちらはドリル形式にするため体裁は変更しています。答えは本誌で…!
■考察読み物サンプル
レイ=マグナスの秘密
 さて、フィブリゾの作戦は見事成功し、魔王シャブラニグドゥが復活することになるのだが…ここでは魔王の依り代であった、レイ=マグナスについて確認していこうと思う。
レイ=マグナスの存在は長編1巻の時点で「ドラグ・スレイブを編み出した賢者」として名前が挙がっている。彼はこの術で千六百歳のアークドラゴンを退治したとされる(本編・新1巻 220頁)。この時はいつごろの人物なのか触れられていなかったが、長編5巻で「千年前の魔道士」とはっきり明記された(本編・新5巻 72頁)。同じシーンで、「暴爆呪(ブラスト・ボム)を使うことができた唯一の人間として知られる」ことをリナが語っている。
 このように、レイ=マグナスは人間たちの間では、あくまで「伝説の魔道士」としてのみ知られる人物で、彼が魔王の依り代であることは知られていないようだ。降魔戦争に参戦していたミルガズィアですら、魔王復活の経緯は把握しておらず、【魔王復活の現場に居合わせ、生き残った者は一人としていなかった】と語る(本編・新13巻 16頁)。彼は、魔族に対抗する武器を開発するため、水竜王の知識の奔流である異界黙示録(クレアバイブル)の元に通っていた(本編・新13巻 66頁)。その過程で、魔王復活の経緯を問いかけていたかもしれない。もし異界黙示録に問いかけても満足な回答を得られていなかったとしたら、水竜王も魔王復活の経緯についての情報を持っていないということになる。ひょっとしたら知るのは魔族のみなのかも…? (続きは本誌で!)