読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スレイヤーズすまっしゅ。感想「恋せよオトメ」感想

スレイヤーズ

 以前はドラマガ掲載時にネタバレ感想を書いていたのですが…気が付いたら途絶えて早1年以上…もう今月文庫が出ちゃうよね、と焦って感想を書いてみる。逆にタイムリーかもしれないね!文庫派の方は11月19日以降にお楽しみください。
 ということで、ドラゴンマガジン2010年9月号掲載の「恋せよオトメ」ネタバレ感想です。


■イラスト
 扉絵:ちっぱいを気にして涙するリナさん。リボンでバストを測定中…そのリボンにはナーガと姉ちゃんのイラスト入りタグが!うん、二人には遠く及ばないみたいw ちなみにナーガ>姉ちゃん>>>>>>>>リナですw姉ちゃんも巨乳に見えるけど、ナーガの方が上回るのですね。胸のこだわりは姉ちゃんへのコンプレックスの一つと思われる…と、文章では姉ちゃん巨乳記述はなかったかもですが…。

 1枚目:「バストアップの秘法がある」と聞いて身を乗り出すリナさん。かわいいなあ。この点に関してはほんと正直なリアクションするよねw

 2枚目:麗しの美青年ジョセフ(キャロットの鼻血付w)1ページを大胆に使った珍しい配置!

■小説

 いつも…といってももう1年以上前なんだけど、とにかく通り箇条書きで。

  • 「別に戦いが好きなわけではない」と言った後に「盗賊団をぶちのめしておたからをかっぱらってきたばかりの奴が言っても説得力がない」とセルフツッコミ入れるのが良いwだって思ったものwそして「盗賊いじめは無用な戦いではない!」…ごもっともですww
  • ロマンス力が測れるモノクルスカウターwwドラゴンボールネタだw バストサイズ基準はさすがに怒ると思うよ。やっぱりスレイヤーズ世界は巨乳好きが多い世界なのか…w
  • そして巻き込まれる。依頼人:キャロットに「あたしを味方にしたいなら、そこを説明してもらわないと」交渉中リナさんカコイイ!
  • 過激派恋愛相談所「恋の巣箱(ロマンス・ハイヴ)」。なんでも過激派にするのがスレイヤーズ短編w
  • バストアップの秘法に釣られるリナ。ああ…切実だね…こんな怪しい組織に勧誘されて断ると言い切れないとは…w
  • 護衛の依頼で逃げるのではなく攻める!いろんな思惑を絡ませつつの選択に惚れるわ。
  • 襲い来る恋の刺客!ヤンキーと子犬かよwwこれがロマンス力2000w確かにギャップ萌えはポイント高いけど!「見たら恋するわよっ!」「しないよっ!?」このツッコミかわいくて好き。いつもの乗りなら「するか!」だもんね。
  • マスター・レックス登場。この屁理屈っぷりが何とも神坂節。そして真正面から理屈で返すリナさんカコイイ(2回目)。キャロットも目が覚めたようです。ロマンス耐性はなさすぎだけどw
  • お約束のロマンス攻撃をかわし…ついにたどり着いた本部。「血で血を洗う恋愛修行」てw
  • 最強の刺客・ジョセフ。キャロット撃沈、でもリナあっさり撃破。そして今度はリナの屁理屈が始まる…wマスターレックスも現れて屁理屈VS屁理屈の対決。リナさんには口喧嘩では絶対勝てないなあ。まあ、普通の喧嘩も勝てんけど。
  • 屁理屈合戦は自然な流れで身長とバストアップ秘法要求に…って流れは自然だけど最後の要求が自然じゃないw自然と言い張るリナさんかわいい。
  • フリーサイズパットと厚底靴には興味なしか。だよね、やっぱり…w
  • マスターレックスの最終奥義、「中年紳士片眼鏡キラリ」攻撃を無効化するリナ。リナって中年おじさま好きじゃなかったっけ?…顔色か!顔色が悪いのがいけないのか!?いや、多分素顔のゾルフが相当美形なんだよwゾルフおそるべし。
  • スカウターのメーターが振り切れ、「超朴念仁」認定されるリナ。またドラゴンボールかw「恋愛要素皆無」とまで言われるし…w
  • そしてラストのリナの叫び「あたしもいつか絶対恋人見つけてやるからなっ!」…神坂先生は我々をもてあそんでいると思うんだ…なんですかこの萌え絶叫はwいつか?いつかっていつですか?その人と実家にブドウ食べに帰るんですか?によによ。

 ということで、ラストの絶叫にいい萌えを頂きましたw今回はすまっしゅ。らしいどたばたしたお話ですね。ツッコミとボケを両面こなすリナの器用な一面が垣間見えますw