読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アリス・イン・ワンダーランド見てきました。

 以下、Twitterからの転載記事です。だらだらつぶやいた割りに我ながら上手く纏まっていたからちょい加筆して再録してみるw最後にネタバレ追記。
 アリス・イン・ワンダーランドを見てきました。私は実は原作は設定くらいしか知らないのですが、今回のはアフターストーリー扱いのようですね。原作知らないからなのかも知れないですが、純粋に面白かったです。オーソドックスなお話でそれゆえ分かりやすく、ワンダーランドの世界観に入りこめました。あくまで王道の面白さなので、ピュアな心で楽しまれることをおすすめします。
 3D映画初体験でしたが、思ったより飛び出してました。CGで作られた世界観がなんとも3D映えします!映像も飛び出すことを前提に演出してますね。数年前にジャンプにボボボーボボボーボボというギャグマンガが載ってまして、立体メガネがついた3Dの回というのがありました。そこで、「今回前に飛び出してくる技が多いなあ」というツッコミがあったのですが、3D演出とはそういうことのようですwいや、大事なことですよ。以前、NARUTO3Dシアターというのを見たことがあって、TVシリーズの名場面集を3Dにした映像だったのですが、やはり3Dのために作った映像ではないので、あまり「飛び出す」という印象がなかった記憶があります。当時の技術がまだそんなに高くなかった可能性もありますが(多分5年位前)。
ただ、3Dの飛び出し演出は諸刃の刃といいますか、今は物珍しさもあってみんな楽しんでますが、観客が慣れてきてしまうと単調な演出になってしまうような気がします。とりあえず日本のアニメは安易に3Dになって欲しくないなあ、なんて思いましたね。描きアニメであんなに立体感出せるのですから。
 私としては3Dで頑張って欲しいのはゲーム分野の方!アリス、操作してえええ〜!って思いましたもんwトランプ兵はキーブレードで張り倒したくなったね。そして終盤はまさにゲームの世界wゲームのためなら3Dテレビちょっと欲しいwFF13のために去年HDテレビ買っちゃったけどw
 あと個人的にはCGウサギの動きがリアルで萌えましたw一時妹のウサギを預かっていたのですが…ウサギはダッシュするとき、後ろ足がズッって滑っちゃう時があるのですwそれが再現されてたwよく見てるな〜と思ったw
 長々と書きましたが、3D版アリスインワンダーランド、エンターテイメントとしてお薦めです。映画としての評価は私にはわからないのですが、映画館で見た方が絶対面白い作品だと思います。
 以下、おまけのネタバレ。ゲーム・アニメ脳で見たアリス・イン・ワンダーランドw
 終盤で私の頭をよぎった二つの作品…エヴァとモンハン。あ、あとライオンキング(四季ミュージカル)もw
 アリスが「戦士になって」と言われて逃げる場面。…「逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ」が脳内リピート。加治さんならぬ芋虫(すいません。名前覚えられませんでしたorz)の言葉に勇気を貰い、アリスは決意する。「僕はエヴァンゲリオンのパイロット、碇シンジです!」
 いや、パクリとかそういうことが言いたいのではなく、定番というか王道だと思うのですよ。熱いです。アリスがみんなの前から逃げる、という場面は冒頭のプロポーズシーンとも重なります。ワンダーランドでの決意を経て、アリスは勇気を手に入れ、元の世界に戻った彼女は言いたいことをずばっと言ってやる。この流れを描くテーマ上も重要なシーンでした。脳内変換されてしまう私の脳が問題w
 モンハンは・・・ラストのジャバウォーキーのところwティガキタアアアって思いましたよwしっぽで殴られたしwしっぽがいやなんだ、うんw倒した後は剥ぎ取りタイムを期待したけどそんなものは当然なかったwあ、体液を入手してたかw何はともあれ、アクション派手で楽しかったですよ。
 …ピュアな心で楽しむって言いながらこんな感想書いていいのだろうか^^;いや、もちろん楽しんだんですよ!プラスアルファのお楽しみ、の部分です、はいw