読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドラゴンマガジン1月号スレイヤーズすまっしゅ。ネタバレ感想

 しまった…次号が発売してしまう!!ってことで、遅ればせながらすまっしゅ。感想を書きまする。

DRAGON MAGAZINE (ドラゴンマガジン) 2010年 01月号 [雑誌]

DRAGON MAGAZINE (ドラゴンマガジン) 2010年 01月号 [雑誌]

 今回は「追撃!ドールマスター」。まずは扉絵の話。これは文庫には収録されないと思うし、発売から2ヶ月という事で、見たい方はもう見ているかなという判断から隠さずに書きます。この記事で興味を持った方が、(販売期間残り僅かながら)ドラマガを買ってくれることを祈りつつ…。と、今回フィギュアつきなせいでアマゾンでは早々と売り切れちゃったらしいけど…。書店に残っていたら、是非。
 扉イラストはドールマスターなリナ。これまたサービスよすぎるぞ、あらいずみ先生!!オールキャストかいwリナは学園編衣装…制服姿です。このリナの制服は同一のもので定着しつつありますね。初出は…私の記憶通りならスレイヤーズTRY DVD-BOXのブックレット用描き下ろし。見開き2ページのイラストで「今度は学園編でもどうですか〜」と、制服姿の一同が描かれていました。「ビバ!学園スレイヤーズ」というタイトルつきwリナ、すげーかわいいですwその後、ドラゴンマガジン用に描き下ろされたイラストにも同じ衣装の学園編リナ&ナーガが登場。あらいずみ先生のPixivにアップされているものですね。そして、今回三度の登場!
 今回はさらに「ドールマスター」という設定もプラス。なにやら腕時計型のアイテムで人形たちを操作しています。その人形たちが…
・くらげロボガウリイ
 目がきらりんと光ってリナの頭に張り付いていますwパワー増幅役でしょうか?

・ゼルガディスロボ
 多分1号機。一番大きく描かれてます。強そうですw

・アメリアロボ
 グーパンチで発進!こちらも強そうだw

・トンガリコーンゼロスロボ
 リナの上方には5体に分身した三角錐(ラーメンマークつき)がwゼロスww攻撃特化型ユニットでしょうかw

 とまあ、面白いことになってるw人形たちはロボっぽいので、リナもいつものリナではなく、学園編にしてみたのかな。はまってます。
 さて、この学園リナ、イラストだけじゃなくってお話も展開しないかな〜w番外編として学園編…CDドラマならいけるかもw最近妄想しているのはあえてスレイヤーズの世界観の中でやってみる、とかどうだろうとか思ったり。

 とある魔道好きなロードがごく最近になって設立した魔法学園。各地の魔道士協会から優秀な生徒が集められている。当然全寮制。優秀成績者は宮廷魔道士として召抱えられるという特典もあり、入学前も入学後も日々熾烈な争いが繰り広げられている。そんなもんだから生徒同士のいざこざから事件が発生!事件の解決を依頼されたリナは生徒として潜入捜査を開始する!

 みたいな感じでどうよwすまっしゅ。ネタならいけそうだ。どうせ学園編ならガウリイ達も出した方が面白い気もするけど…設定的に無理か。と、細かい部分は考えず、なんか面白そうな設定だけを考えて妄想する…バクマン式妄想と最近名づけた。
 …おっと妄想で脱線した、ドラマガのイラストの話だった。上の話はただの私の妄想ですよ〜。
 以下は本編内挿絵の話になるのでネタバレ話です。続きを読む、よりどうぞ。
 2枚目イラストはハイダル&リナ=インバース人形。人形w「てきとーなつくり」の再現度がすばらしいw当然リナの面影は皆無w監修前のVer.も見てみたかったかも。ハイダルは何気に美形だ。
 3枚目は怪しい注意書きを見せびらかすハイダルとナーガ。この読めそうで読めない文字デザインがなんともいいなあ〜。なんか自身満々のナーガさんも良w
 と、イラストはこの辺にして…妄想のせいで長すぎる気もするが…小説本編のお話に参ります。
 今回は久しぶりに「リナの名前が悪用される」というネタ。すぺしゃる&すまっしゅでは定番ながらも安定して面白い。内容も、これまた久しぶりにギャグ全開のドタバタした話。最近は異色系が多かったからね。これはアニメ向きかも知れない。ラジオドラマで「すぺしゃるの話を4人組で」と言うのをやってましたが、それに変換しやすそう。あ、だけどナーガの役がいないから無理か。ねくすとらならマルチナを使えそうwREVO-EVO設定ならポコタを持ってきてもいけるか?そんな感じのすぺしゃるとしては原点回帰のような1作でした。以下は箇条書きで気に入っているところを。

  • 導入は盗賊いじめ…と思いきやちょっと違う、何かな?と思わせる内容で掴みのうまさは健在です。しかし「ついでだからおたから没収」ですかwさすがよのう。
  • 「キモいとか言うな火炎球っ!」…人形、名前勝手に使われてるだけだし、自分に似ていないと分かりつつ、それでもキモいと言われると怒る乙女心wなんかかわいいのうw
  • 状況説明…面妖なリナ=インバース人形登場!「ちょっと待てぇぇぇいっ」とまずつっこんだ内容が「『面影がある』上に『奇怪で不細工』」と言われたことかw無理ないね。色々聞きたいけどそこはまず訂正させないとwおっちゃんじーちゃんナイスな反応だぞwそこは謝ったもん勝ちだ。
  • 「盗賊よけの魔法がかけられたリナ=インバース人形」なる詐欺アイテムを売りさばく犯人探しに乗り出す!騙された村の人には「偽アイテム」であることを敢えて告げない判断は相変わらず惚れるわw捜査の手際の良さもさすが。
  • ついに行商中の犯人めっけ!「インバースゾーン」ってなんだw「しつこい野盗もシャットアウト」てwカビかw「お高いんでしょう?」→「確かに普通のマジック・アイテムは高いけど…」このやり取りは通販番組のノリだねw
  • そこに「いくらなの」と参戦するリナ。静かに怪しい男の詐欺っぷりを論破していく…痺れるwしかし食い下がる男。こいつも屁理屈上手いぞw「妖怪:リナイ・ンバース」ってw
  • 往生際が悪い男にリナは実力行使に出る!逃げる男を追跡…でも仲間も一緒にとっ捕まえたいから敢えて泳がせる…なるほど!ところが男は仲間だけでも逃がそうとする…「案外殊勝な」とのツッコミがw確かにw
  • ここでナーガ登場。ナーガも咬んでたのか。彼女のアドバイスにより最初は普通の人形だったのが不気味に変化を遂げたリナ=インバース人形wこれぞナーガクオリティ。
  • 男…ハイダルはまだまだ食い下がる。詐欺じゃないと主張!この辺の屁理屈っぷりがなんとも神坂節w「使用者の感想です。製品の効果を保証するものではありません」…この通販の常套手段まで使ってくるとはw
  • 当然リナは認めず…ナーガが出してきた譲歩案。

 「あなたもこのわたしの名前を使って商売してもいいわよ。ナーガサブレとか!」
 なんでサブレwすかさずリナの切り替えし…
 「あんたの名前に何の値打ちがあるっていうのよ!?」
 言うてやったーwwすばらしい挑発。忘れ去られそうな設定だけど、リナを倒して名を上げたかったナーガにはこれは効くw

  • 「ケンカを売っているという解釈でいいのかしら」と怒るナーガに「逆ね。そっちが売ってきたケンカを買おう、って言ってるのよ」と切り返す。啖呵きりええなあ〜。このあと口喧嘩から攻撃呪文の応酬に発展w二人のケンカはこうでなくっちゃ。
  • 呪文の応酬をしながら…いつの間にか山を降りていて、人形を買った雑貨屋のおっちゃんと出くわす。曰く「あの人形は効果覿面」とな…。どうやらリナが調査のために盗賊をしばきまくったせいで盗賊がいなくなったらしい…なるほど、そういうオチかwうまいw
  • これはリナ的には面白くないね。しかも人形の話が警備の兵士にも伝わってしまった…。もはや「リナ=インバースはあの人形にそっくり」という認識を払拭するのも手遅れ。ってことで、元凶のナーガとハイダルたちは「二度とこんなことしないように後悔させる」と攻撃呪文の餌食に…爆破オチもなんか久々だw呪文名書いてないけど「山の形変わった」らしいから…竜破斬…?南無。