読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今月のスレイヤーズすまっしゅ。ネタバレ感想

 今月は「ねちゃねちゃの季節」。4月の頭くらいに書き始めていたんですが、アニメ感想が長引いちゃったので完成まで時間が空いちゃいました…。ってことで、気を取り直して以下、ドラゴンマガジン5月号連載分よりネタバレ。


 まずはイラストの話から。ねちゃねちゃ宿屋いやすぎるw残り2枚ですが、記憶おぼろげなんだけど、これ再録じゃないかな?でも、あらいずみ先生、今回付録カバー絵描いてくれたからOKですw
 さて本編の話。もう、神坂先生の技が光まくる一話。冒頭の掴みから始まり、ゲストキャラであるぬちゃぬちゃ大好きセルシィの味、リナの推理と小技が光る捜査パートと無駄のない面白さ。笑いもありつつも、それ以上に話作りのうまさにただただ脱帽してしまった。
 以下、箇条書きでツボったところを。
・いきなり「ねちゃねちゃするかもしれませんが、かまいませんか?」とわけのわからない問いでの掴みは本当にお見事。リナと一緒に不思議に思ってすっかり引き込まれた。その後のかみ合わないやり取りにどんどん引き込まれていく。
・ねちゃねちゃの正体はスライム。なるほど納得。こういう不可解な現象が起こる原因としては人為的なもの…第三者による嫌がらせとかのパターンもあって、その解決に乗り出すのかな、なんて思ってたら、自然現象でしたか。納得且つ「なぜスライムが?」とさらに疑問が湧いてもう一歩引き込まれる。
・掴みの極めつけはリナが依頼を受けた理由。「単純に好奇心」。これにはやられましたよ。単に理由なら例えば「村長に頼まれて断りきれなかった」「依頼料(報酬)が良い」というようなものを持ってくるのも選択肢としてはありだと思うんですよ。普段はそのパターンが多いし。でも、読者としては、冒頭からの掴みでもうこの事件にすっかり引き込まれちゃってる。そこでリナが理由に「単純に好奇心」を挙げる。もうリナとのシンクロ率100%でしょうwってことで、すっかりリナと同じ気持ちで事件を解決していく気分になっちゃう。神坂先生の技術が光ります。
・街中ねちゃねちゃな嫌な「季節の風物詩」wでもセルシィはそれが普通だと思い込んでいるという…wしかも「ねちゃねちゃ王都に憧れる」とまでwなんかDOORSっぽいかも。いろんな不可解に律儀につっこむリナ。大変そうだなあ〜。でもツッコミのキレはさすがwスライム回収業者という発想も面白いです。で、これがちゃんと伏線になってる。
・捜査パート。スライムが湧き出す岩をどうやって調査するのか…?試行錯誤していく過程が面白い。凍らせて、割って、ゴーレムにして。いろんな小技組み合わせるのはさすがリナよのう。すまっしゅ。は敵が弱い分、こういうところで魔道士としての腕を見せてくれます。
・調査が始まってもやっぱりねちゃねちゃが大好きなセルシィw「きゃぁぁぁぁぁぁ(ハート)」って、なんで嬉しそうなんだよwほんといい味出してるなあ。
・そして、解決へ。実はスライム回収業者のおっちゃんが意図せずスライム発生無限ループを起こしていた、と。悪気はなかったんだな。私はてっきり「回収業でお金を稼ぐためにわざと」かと思っちゃったけど。
・セルシィの計らいにより、スライム無限発生におっちゃんが関わっていた事実は伏せられることに。お、なんかねちゃねちゃしてた割にはさわやかなエンディング!最終判断をセルシィに任せる状況を作っていたリナも良w
・リナも予定外の報酬も手に入って、めでたしめでたし。で、オチはセルシィのねちゃねちゃ好きでw上手いですwセルシィはなんかすぺりおぉるで再登場しそうな予感。