読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スレイヤーズEVOLUTION-R 第7話 ネタバレ感想 その1

 いよいよ折り返し地点!感想行きます。と…その前に…OPディレイ解除キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!ヤホーィ!AT-X万歳!方針変わったのだろうか?いい傾向です。地上波じゃないんだし、そこは利用してもらわないと。ということで、以下はネタバレ。


 OPの話をちょこっと。ディレイ解除によりゼルが苦しんでいるカットから始まる意味深シーンがはっきり見えるようになりました。ゼルが電撃に撃たれながら苦しみ、その発生源?なのか、目の前の謎の機械を拳で壊します。その後のレゾのカットもゆっくり目。壷に描かれた紋章が何度かフラッシュバックしてポコタの眠りについた体のカットへ。
 おおお〜。ゼルかっこいいですよ。シリアス話期待できそうだ。
 さて本編。今回は第7話「Town scape 人に作られたモノゆえに」。今回はかなり面白かったです。今のところ今期No.1。前回は原作ベースのエピソードでしたが、今回はヴェゼンディを舞台にしつつもそこをを離れ、オリジナル展開に突入です。オゼルの謎に迫るお話が中心で、オゼルを描きつつ、その正体と壷がらみの謎解きあり、そして後半は魔族2体とズーマが登場してシリアスなバトルあり、と盛りだくさんな内容。意味深なシーンも多数登場です。
 今回は大きく原作を離れたので、原作展開を期待していた人には物足りなかったかも?と思いますが、私はどちらかと言うと、「EVOLUTION-Rのお話としてどうアレンジしてくるか」を楽しみにしていたのでとても満足しています。ヴェゼンディ編の雰囲気を壊す感じではなかったですし、なにより面白かった。気になった点もあるけど、大事の前ではまあ些細なことです。
 と、言ったところでシーンを追いつつ感想を。
 前回までのあらすじ。わかりやすく、且つテンポ良く前回のまとめです。なんと言うか、聞いていてすごく心地よい感じ。なんとなく旧作の前回までのあらすじを思い出した。今回脚本の伊藤さんは脚本家陣では唯一レボから参加の方ですが、この再現具合はうまいです。前回までのあらすじもその回の担当の方が書いているなら、ですが…。でも、全体のバランスも良かったし、各キャラクターの持ち味も良く出ていて、成長株の方だと思います。
 ヴェゼンディの町並み。Town scapeのサブタイトルにふさわしく、今回は町並みがとても綺麗です。美術の方々に拍手!
 ラドック邸で大あくびなリナ。一行にあてがわれたのはラドックの部屋の隣の倉庫。床に雑魚寝なせいで良く眠れなかったようです。アベルの配慮…ではなくあからさまな嫌がらせですね。…って5人で押し込まれてるのかwそしてガウリイの隣アメリアかwその隣がリナで、ゼルだけ上。ポコタはガウリイの左側。…よーく見るとリナのスペース広くてアメリアはガウリイ側に追いやられている感じだ。…場所占拠されたか、アメリアw装備外している一堂が新鮮でいい感じ。リナの足元はタイツなのかな?ポコタのラジオ体操っぽい伸びもかわいいです。
 昨夜襲ってきた魔族について心当たりを考えるリナ。ズーマ絡みか壷絡みか…ほんと見えません。ガウリイは「お前またどっかでうらみ買っただろう」とからかうように言うけど…それはないですよ、ガウリイ君。グドゥザとデュグルドが狙っていたのはゼルとアメリアですから。まあ、黒幕はリナに用が合って、邪魔な二人を先に、という可能性もあるけど。色々考察しながら、歯を磨いたり、顔を洗ったり、ブーツ履いたり、髪をとかしたり、と一同身支度。この辺、単なる作戦会議にしないで、映像を見ていても飽きないような作りにしたのは上手いな。
 「今回のズーマは回りくどいですね」と言いつつ状況を整理するアメリア。でもガウリイはまったく理解できずにリタイアですwうん、頭脳労働は員数外ですから。「はいはい、あんたはそれ以上考えなくていいから」とフォローするリナも良。
 まずはオゼルを調べてみよう…と話が纏まったところに…背後からオゼル登場。「旦那様がお呼び」だそうな。ガウリイまでもが気配に気づかなかったと言う。しょっぱなからオゼルの正体について色々考えたくなる展開。人形だから気配ないのかなあ?
 広間に行ったリナたちは、朝っぱらからラドックに嫌味を言われます。壷を盾にいろいろ文句をつけてきます。そんなもんで機嫌の悪いリナは朝からやけ食いモード。「命を狙われているのでピリピリしてるんですよ。大目に見てあげましょう。」というアメリアに、リナも「そうね。まあ、あのおっちゃんもこんなことがなきゃいい人なのかも知れないし」と答える。…前回、おもいっきし疑いの目で見てたけどねwむしろ前回のほうに違和感があったので、今回のやり取りのほうが自然ですな。一応フォロー入れておくと、少し時間を置いて考えてみたらそういう可能性もある、と思い直した、と。
 そこにまたアベル登場。こちらも嫌味飛ばしてきます。「ズーマが出てくるまでは辛抱するしかあるまい」というゼルに、リナが「もー、めんどくさい!」と投げやりな感じで言う。ズーマが出てくるのも面倒なんだけどねwでも、この嫌味合戦にいつまでも付き合わされるくらいならズーマ相手にしてるほうが気は楽そうだ。
 シーン変わって洗濯するオゼル。まめよのう。そんな彼女にアベルがねぎらいの声をかける。オゼルもアベルが朝食を残していたことを気にかける。…ほんと、いいメイドだ…。アベルは何か心に引っかかるものがあるようです。「父さんは今度いつ旅に出るのかな?」気になっているのはラドックのこと。原作既読目線で見ると…かまかけにきたのかな?彼は父の行動に疑問を持っていますから。
 そんなやり取りを2階のテラスから見ているリナ・ガウリイ・ポコタ。
リナ「オゼルって結局何者なのかしらね。最初はジョコンダ、次はズーマ、そしてラドック。ころころと主人変えちゃって。しかもなんか上手く取り入っちゃって」
ポコタ「ま、基本的にはレゾの魂と壷を守るために色々と移動してるんだろ。」
ガウリイ「だけどよ。守ってるならなんでオレ達に壷を壊して欲しい、って言うんだ?」
 この辺、視聴者的にも疑問に思っていることをうまく会話に纏めてきましたね。主人を次々と返るオゼル。前回のセリフによると「壷の所有者に仕えるのが役割」という。その理由をポコタは「壷を守るためでは?」と読みましたか。でも、結局はわからないことだらけ。
そこでリナが一言。「よし、行動あるのみ、だ。護衛はゼルとアメリアに任せて、あたしたちはオゼルを探りましょ」。お、いいねぇ。ここであれこれ可能性模索しててもしょうがないもん。まずは動かないと。
 と、言うことでラドックの護衛係になったゼルとアメリア。暇をもてあましてます。リナがいなければズーマも襲ってこない、ってことでチェスを始めます。
 一方、お仕事中のオゼル。手、伸びるのかw布団たたきにもなりますwお花に水をやりながら…また蝶々。「キスジアゲハ?」と思ったら違ったwどんだけ人気なんだよ「さようならキスジアゲハ」はw飛び立ってしまった蝶々を寂しげに見送るオゼル。今度はラドックに「冬に着られるお洋服を作りますので寸法を測らせてください」ときた。…オゼル…いいメイドすぎるだろwうちにも一台欲しいです。ラドック邸には他に使用人がいないのが気になりますが…ただでこんだけ働いてくれるメイドが来たら他は暇を出したくもなるなwラドックさん、お洋服作成は断りました。どんな服作ってくれるのか見てみたかったけどwと、一連の流れを覗いているリナたち。
 今度は街にお買い物。リナたちも尾行。オゼルは街のみんなにも人気者です。果物屋のおばちゃんにりんごの味見を勧められる。「うまそー」「あたしも」「今出たらばれるばれる」と影でやり取りしているリナたち3人がかわいいです。一応食べる(口に含む?)ことは出来るようですな。今度はオレンジ。「どちらでも好きな方を持っておいき」と言われるけど…沈黙。見かねておばちゃんは両方くれました。オゼルは他にも魚屋さん、肉屋さん、八百屋、ケーキ屋の皆さんにも大人気。ラドック邸に来てそんなに日は立っていないっぽいけど、すっかり馴染んじゃったようですw
 しかし…壷の露店の前にやってきたオゼルの様子が変わる。急に目つきが悪くなって、手がハンマーに変形!壷を壊し始めた!意識はすぐに正気に戻ったみたいだけど、「止まらないんです。」「誰か止めてください」と暴走モードに。おお、意味深な展開。見かねたリナたちが止めに入る。「貸し一つだからね」クールなリナがかっこいいです。「色々とわけがありそうね」…というところでAパート終了!
 アイキャッチは お掃除オゼルと焦りながら日記を抱えたアベル。なんかいいな、この絵w読まれちゃ困る日記でも書いてるのか…とギャグかと思いきや、ひょっとしたらラドックの行動への疑問とか書いてるのかも…と思ったら茶化せねえ。

 まずはAパートまでUP。