読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スレイヤーズEVOLUTION-R 前半戦の感想(5話までネタバレ)

 5話まで終了した時点でのまとめ的な感想…といってもある1点に絞ってお話を進めたいと思います。タイトルは例によってネタバレ回避用です。以下、スレイヤーズEVOLUTION-R5話までのネタバレを含みます。


 5話までの前半戦のキーキャラは何と言ってもナーマ!今回は彼女についての感想を書きたいと思います。ナーマ=白蛇のナーガ。彼女のTVシリーズ初参戦については、1話登場時点でも感じたことを纏めていました。その時は「このナーマことナーガの登場は現時点・・・1話段階では非常に絶妙な登場のさせ方だったと思います。」と書いたのですが…2〜4話までの立ち回り、そして5話での退場に至るまで非常に絶妙だったと思います。
 登場については前の記事で纏めたので割愛。
 2〜4話は、ナーマの案内で壷を探して回るものの、毎回ハズレで騒動に巻き込まれる、というスタンスでギャグ月間が展開します。ここでのナーマの扱い方がこれまた絶妙。存在感は充分なんだけど、前にも出過ぎない。
まず、リナVSナーマを1話だけにしたのが良かった。毎回二人の対決だけで展開すると、他のキャラがぼやけてしまう恐れがあった。劇場版&OVA、そして原作すぺしゃるで描かれるライバル対決の魅力は1話に充分凝縮されていたと思いますし。
 2話と4話はメインには回らず、掛け合いメンバーの一人として、良ボケを連発。リナのツッコミが冴え渡りますw
 3話はまさかのアメリアとのコラボです。実は姉妹な二人のニアミス感と息が合えば連携ぴったり、という爽快さは面白かった。そして、実は家庭環境複雑で寂しがり屋さんなのか?と、意外な一面が描かれ、ナーガの魅力が増して見えました。プラスして3話はアメリア回でもあり、ちゃんとTV版メイン4人を引き立てています。
 5話はこれまた原作からのネタ、裏設定を絡めてマニアックな形でナーガを描いた。その裏でストーリーパートでは息を潜めて、話の腰を折らない。そして退場も見事。冥王の壷の紹介も兼ねつつ、本当の姿をリナたちの前に見せることなくフェードアウトしました。アメリアと姉妹であることもリナにはばれてません。しかもオチまでみかんのダンボールという原作ネタ小ネタですよw
 私は1話段階では壷設定と絡めることには懸念があったのですが、これは5話まで見た段階だと逆にうまく使われていたと感じるようになりました。「冥王の壷」ってこんなものだよー、と紹介しつつ、レゾの壷にはナーマは全然関係なかったことが判明する=ストーリーには絡まない。なぜナーマがジョコンダ城地下にいたのか?というのは結局謎なままなのですが…そんなこと「ナーガだから」の一言で済ませてもいい、って思えるくらいナーマの立ち位置は絶妙でしたよ。きっと、そろそろ出番が欲しい、と思い続けたナーガの魂がリナの行く先に先回りしてしまったのではないかとwリナの行く先々になぜかナーガが現れる、というのはもう伝統行事みたいなものですからw
 そして、ギャグ月間とストーリーパートの橋渡し的な回であるこの5話での退場というタイミングも良い。やはり、ナーマ(ナーガ)はシリアスパートでは使いにくいキャラでしょう。この先の「レゾの魂の眠る壷」を巡る戦いの中で立ち位置があるか?というとNoですし…。EVOLUTION-R序盤のブースター役として見事役目を果たした上での退場だったと思います。とりあえず…ナーガ!お疲れ!
 スレイヤーズEVOLUTION-Rにナーガが登場したのには二つの意味があると思う。まずはもちろんファンサービス。ナーガもスレイヤーズファミリーの一員ですし、また彼女をアニメで見たい!というファンの声に応えた形です。単に出すだけじゃなく、裏設定なんかも絡めて、ナーガの新しい魅力も描かれました。このファンサービスとしての観点、すっかり楽しませていただきましたよ。
 もう一つは、TVシリーズだけのファンに向けたナーガのプロモーションとしての意味合い。スレイヤーズのメディアミックス展開は本当に多彩。原作も本編とすぺしゃるの2系統、アニメもそれにあわせてTVと劇場で登場キャラクターを分けた。他にもコミック版とかゲーム版とかいろいろ。これらをすべてを楽しんでいるファンも多いですが、一部しか楽しんでいないファンもいるのではないかと。つまりは、スレイヤーズファン内での新規需要開拓、ですね。ナーガに興味を持ったファンが、劇場版やOVAを見たり、原作すぺしゃるを読んでもらえれば…という意図があったのでは?
 ナーマの正体や裏設定ネタはわからなくてもストーリー上は問題なかったと思いますが、やはり知っているのと知らないのとでは面白さが違ったのではないか?と思う。
 個人的見解を言わせて貰うとスレイヤーズは長編の物語とすぺしゃるの物語、二つを楽しんでこそ真の魅力が出ると思うんです。長編サイドしかフォローしていない方、そういや最近のすぺしゃる(すまっしゅ。にタイトル変わったけど)は読んでいないなーという方、これを機にすぺしゃるの方も楽しんでみてはどうでしょう?
 最後に、ナーガ登場の告知のしかたと、中の人たちのお話を。今回、ナーガの登場に関しては、ドラマガ誌上で予告されていたものの、どんな形なのか、そもそも本当に出るのか?というところは謎だった。その辺は1話放送直前まで伏せられていたんですよね。そして、ファンの度肝を抜くサプライズ的な登場となった。この点もよかったです。…「鎧のナーマに出会う」という書き方ではアニメ誌あらすじにバレが載ったけどw。
 EVO-R放送前の10月に林原さんのラジオにゲストで川村さんが来てまして。その時は「スレイヤーズ復活したのにナーガは出てないのでお怒りかなあ?と思って」「そりゃあ、もう(笑)。出たいなあ〜」「でもアメリアと一緒に出ちゃいけないみたいなんだよね」みたいなすっとぼけトークを繰り広げてましたwアフレコは10月下旬から始まっていますから、このラジオ出演時点で、ナーマ参戦は決まっていたと思われますwうーん、見事な連携による暈しトークwこの辺も絶妙だなあ〜。まあ「ナーガ」は出てないから嘘は言ってないぞw
 川村さん演技もこれまた絶妙でした。ナーマという新キャラとしての演技をしつつ、時々ナーガが戻ってくるときはかつてのナーガの演技。すばらしき演じ分け!川村さん、本当にお疲れ様でした。いつかまたすぺしゃるからアニメ化してOVAとか作らないかなあ。
 さあ、ナーマと別れ、ヴェゼンディを目指すことになったリナ一行。この先どんな戦いが待ち受けているのか!?