読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドラゴンマガジン3月号のスレイヤーズEVOLUTION-R記事の感想

 ドラマガ3月号にはスレイヤーズEVOLUTION-Rに関してかなり気になる一文がありました。もう少し本編が進むまで静観しようかな・・・とも思っていたのですが、私の中で考えが纏まったので記事にしてみようかと。現在放送された部分へのネタバレはありませんので、ドラマガを見た方はDVD待ちの方もご覧頂いて差し支えないかと思います。雑誌等の事前情報を参照せずに本編を楽しみたい方はスルー推奨です。コメント欄へは、ドラマガに掲載された内容のみのネタバレのみOK、本編からの話題はご遠慮ください。


 さて、ドラマガにはこのような一文が。

>原作第2部のゲストだったルークとミリーナ。この二人がアニメ版ではどんなふうに動いてくれるのか?

 何ィ!まさかのルクミリ参戦ですか〜!最初はにわかに信じがたかったよ。なんせドラマガだし…。テキスト部分は結構アバウトなことが多かったりする。それにREVOLUTIONでは「剣探し」といいつつ剣探してなかったし…とか。ということで、蓋を開けてみないことにはどうなるかはわからなかったりするのですが、以下は二人が出る、という前提で話を進めます。
 正直なところ、EVOLUTION-Rでは2部のエピソードをやるとは思えないので、2部をやらないなら二人は温存しておいて欲しいなあ…というのが第一印象でした。二人の登場は恐らくはファンサービス兼富士見サイドからの要望なんじゃないかな、と思っています。
 これを「ファンサービス」と呼べるかは賛否両論あると思います。私も上に書いた様に2部エピがアニメになるまで出さないで欲しい、という思いもある一方、動いて喋る二人を見たいという思いもあったりします。
 富士見サイドからの要望、というのは原作2部の宣伝的な意味合いかな、と。アニメだけのファンにルークとミリーナを浸透させて、2部に興味を持ってもらう、そんな意図があるのかもしれない。無印にアメリアが登場したのとちょっと似ているかも。
 ぶっちゃけた話、現状では2部のアニメ化の可能性は0ではないと思うけど限りなく低いでしょう。細かい理由は述べませんが、今回のアニメ化企画が立ち上がっただけでもかなり快挙。DVDの売り上げ次第では続編としてありえるかもしれませんが、やってもAT-XOVAになると思う。となると、見るのはやはりファンに限定され、「新作なのにリナたちがもうルークとミリーナと知り合い」という状況からスタートすることもありなのでは?と思う。先行で登場させてアニメだけのファンにも原作2部に興味を持ってもらうというのも、今後のメディアミックス展開を考えると有利かもしれない。
 そんなこんなで、私の中ではやり方次第ではルークとミリーナを出すこと自体はありかな、という結論に至った。やり方とは、まず一つは原作と設定を変えないこと。ミリーナにベタ惚れなルークと彼を冷たくあしらうミリーナの二人組トレジャーハンター。登場のタイミングは変えてもいいけど、この立ち居地は絶対変えちゃいけない。…さすがにそれはスタッフもわかってると思う。二人はデュクリスやズーマとは比べ物にならないくらい重要キャラですから。もう一つは「2部がアニメ化される可能性は残して欲しい」、というもの。2部のエピソードに繋げられる段階までで、リナたちとを絡ませるのは止めて欲しい、そう思う。
 ルークとミリーナは最初は剣探しのライバルとして登場し、利害の一致から手を組むことになる。そんな腐れ縁が続くうちにいつしか気を許せる仲間になり、最終的には悲劇を迎えるという立ち位置。EVO-Rで出すならどこまでならやっていいか?「利害の一致から手を組むことになる」このあたりまでかな、と。もう一歩進んで「気を許せる」くらいまでなら。あくまで4人組+ポコタの輪には入らず、目的が同じだから同行している形を取ればいいのではないかな、と。そうすればシェーラ編がアニメ化されたときも「またあんたたち!」みたいな感じに繋げられるのではないかと思った。
 今回はレゾの壷を探す旅。トレジャーハンターであるルークとミリーナも壷の噂を聞きつけて、お宝目当てに探しているところにリナたちと出会い、最初は敵対するけど成り行きで同行することになって…みたいな感じで展開するのかも?と思った。
 まあ、さすがにキャラ設定変更はないと信じて、さらに2部への可能性が残るかも心配だけど、一番心配なのは尺の問題なのよね。さらに新キャラ出してストーリーを描ききれるかどうか?うーん、どうだろう?ここは見守るしかない。ただ、ルークとミリーナって新キャラで出したからって積極的に掘り下げを行わなくてもいいキャラクターだったりする。「一緒に戦っては来たけど実は二人の事はよく知らない」これがラストで効いてくる二人なので。逆に掘り下げられたとしてもリナに返る物が大きくなるという効果があるのですが。
 結局のところ、最初にも書いたけど、蓋を開けてみないとわからない。でも、出るなら出るで楽しく見れるものになって欲しいな、と思います。今作はファンのためのシリーズとして作ってくれているようですから。
 さて、最後に、せっかくなので二人のキャスト要望を書いておく。声優さんへのこだわりはハンパじゃない今回のシリーズ。端役にまで大物声優を使う豪華さ。名前あり新キャラの皆さんもキャラのイメージにぴったりな方ばかりです。なので、キャスティングには期待できるんじゃないかなーと思う。とりあえず、新人さんとかではなく、我々旧作世代に馴染みが深い声優さんが声を当ててくれるんじゃないかと予想してます。
 10年間考えた末に私がイメージするルークとミリーナの声優さんは…
 ルーク:保志総一朗さん
 ミリーナ:根谷美智子さん
 異論は認めますwあ、でも、異論をコメントされる場合は「私はこの人のイメージ」っていう対案もお願いしますね。ルークのほっしーはロストユニバースからの繋がりでそのまんまやん!って思われるかもしれないけど、ファンサービス的な意味合いでもありかなーと思ったので。ケインの声のイメージだとちょっと違うんだけど、スクライドの主人公の声をやってるのを聞いたときに、あ、この声ならルークありかも?と思った。ミリーナはずっとイメージ湧かなかったけどハガレンホークアイ中尉の声イメージで暫定根谷さん。あんなふうに喋るのかな、と。
 …まあ、あんまり思い入れ強すぎるとギャップに苦しんだりするんだけど…。でも、声のイメージって演技力である程度カバーできると思うんですよね。最初しっくり来なくても、うまく演じてもらえるとだんだん聞いているほうも慣れてくるといいますか。私の持論としては逆に少し下手でもイメージあっていればありだと思う。
 と妄想は尽きないところですが、今日はこの辺で。