読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャンプフェスタ2007イベントレポート その1

ジャンプ

 3日もサボってすいません。ジャンフェス本番とその疲れから中々ネット復帰出来ませんでした。少々出遅れましたがジャンフェスレポートを少しずつUPして行こうと思います。

★会場の朝

 7:35海浜幕張駅に到着。早速会場に向かうものの、すでに長蛇の列が!徹夜組みの皆さんはレジャーシートやら寝袋やら毛布やら持ち込んでの臨戦態勢でした。お疲れ様です。
 せっかくなので、待ち時間にポケモンの無線通信を試してみる。リアルで周りにやってる人いないから、Wi-fi以外の通信は初の試みです。ユニオンルームに何人か人がいて、交換・レコード混ぜなどができました。この近くにはいるんだろうけど、どこの誰かはわからない、という不思議な感覚で楽しかったです。地下通路もやってみたけど、メタメタに旗取られたorz。それもまた楽しい思い出。大きなイベントに行くときはこれからもDS持っていってみよう。
 そんなこんなしているうちに、来場者多数のため、開場時間が予定の9時から8時半に変更。さほど待ち時間の苦痛も感じぬうちに会場入りできました。

スクウェア・エニックスブース

 会場後真っ先に向かったのがここ。ロクサス君がお出迎え。ソラ(1と2、それぞれのバージョン)もいたけど、過去のイベントで何度か写真撮っているので割愛。

 以下、各コーナーのレポートです。
クライシスコアファイナルファンタジー7(CCFF7)試遊】
 さすがに朝なので空いていて15分待ち。その後しばらく経ったら60分待ち(入場制限も有)になっちゃってましたので、正しい選択でした。待ち時間も他の人のプレイを見ながらワクワクテカテカ
 そして・・・実際にやってみた。携帯機とは思えないくらい綺麗なグラフィックでした。戦闘はエンカウント式だけど、ロードはスムーズです。エンカウント後は、フィールド内をリアルタイムに敵が動いている中でコマンド選択して攻撃する感じでした。FF12っぽいけど、もう少しアクション要素が高くてスピーディかな。とはいえ、ターゲットを選択すれば自動で追っかけて行って攻撃してくれるので、アクション苦手な人でも大丈夫だと思う。で、時々スロットが出てきて、揃うと必殺技が出ました。勝利のポーズはクラウドと一緒でニヤリとさせてくれます。ってか、そこもコピーなのか・・・。ゲーム自体はよさげなんですが、やはり画面が小さいのでチマチマしている印象が。うーん、これはPS2でよかったのでは?ムービーシーンは声出るし、外でプレイするゲームじゃないよこれ。どうせなら大画面でやりたいなあ。でも、本体と一緒に買うけどね。プレゼントは特製PSPポーチでした。おー、なんと豪華!

すばらしきこのせかい試遊】
 プレゼントのトートバックに釣られて試遊。待ち時間は30分程でした。TGSのときにも遊んだけど、ゲーム的にはイマイチなんですよね、これ・・・。戦闘は2画面で違う操作をしなくちゃいけなくて、忙しすぎるのよ。デザインはオサレだけどさ。


【クローズドメガシアター】
 スクエニブースで一番人気のコーナー。ピーク時は2時間待ちもざらでした。TGS同様、シアターは2種類あって、野村作品のみ、こちらの周り囲われたスペースで上映。なんか野村デザインはFFの枠飛び越えてブランド化してるな。いや、FF自体イヴァリースがあったりクリスタルクロニクルがあったりと、ナンバリングより横の広がりのブランド化が進んでる気がする。と、それはさておき、シアターの外壁を撮影したので載せてみます。

 こんな感じで各作品のイメージビジュアルが壁にプリントされていました。以下、気になった作品のレポ。

・FF7ACC
 もう、大画面で見れるだけで興奮するよ。しかも画質綺麗になってるし。映像自体はTGSと同じかな?最後に2007年夏発売とクレジットされました。うーん、それまでにPS3買うか、ソフトだけ先に抑えておくか・・・お前しだいだな、ソニー

CCFF7
 ストーリーの方も面白そうです。ついにクラウドキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!。最初のシーンはヘルメットをかぶって登場。今回はここまでかな、と思ったら2回目の登場で名乗りとともに顔もお披露目。ザックスは初対面のシーンっぽいのに、「俺とクラウドがいれば怖いもの無しだぜ」みたいな台詞言ってた。このセリフ、友達付き合い下手で、周りから嫌われ者のまま田舎飛び出しちゃったクラウド的には嬉しいだろうな。しかも、既にソルジャー。そりゃ憧れてコピーもしたくなるわ。
 ムービーシーンではセフィロスVSアンジール&ジェネシスの1対2の対決が。セフィロスが圧倒しています。超人過ぎ!でもかっこいいムービーよのう。発売日はまだ2007年までしか発表なしですかorz。

FF13
 最初の英語によるストーリー説明は早すぎてよくわからないまま終了・・・(ネットで見て補完完了したけど)。とりあえず、主人公の名前(コードネーム?)がライトニングであることが判明です。結局、戦闘画面の下に書いてあった通りですか。女性っぽくない名前だけど、本名は別にあるみたいな感じです。
 世界観説明に続いて、ライトニングがド派手なアクションを展開。ほとんど既出の映像だったが・・・。新規は召喚獣?っぽいやつと兵士に囲まれるライトニング、そしてそれを助けに来る金髪ニット帽でバイクに乗った男(仲間か?)位だったような・・・。これは・・・あんまり開発進んでないのかな?あと2年くらい待たなきゃだめ?映像の出来自体はよかったんだけど、そんな失望感が先にたった。まあ、時間かかってもいいから、いいものを作ってください。その頃にはPS3が終わってる、というオチだけは回避して欲しい・・・。

・FFヴェルサス13
 こちらもTGS版の増補改訂版という感じ。冒頭には日本の高速道路っぽい場所を走るリムジンに乗る主人公が新規追加。ここは現代世界風なイメージだったので逆にリアルで新鮮だった。
 そして、TGS版にあった兵士との戦闘の続きが出来てた。超人的身体能力でばっさばっさと敵を斬る主人公。なんか瞬間移動とかしてるよ!激しめの流血もあり。これはCEROレーディングB以上確定だな。前の席に小学生とそのお母さんが座っていたのでちょっとハラハラしたよ。入り口に注意書きとかあったほうがよかったのでは?とか思ってしまった。まあ、その小学生はなんか眠そう&暇そうに見ていたから直視はしていないだろう。大人向け路線なのは嬉しいけど、ゲームの流血はリアルすぎてちょっと苦手なのよね・・・。ゲーム部分でも流血があったら嫌だな。やっぱ自分が斬って血が出ちゃう、というのはいい気持ちしないもので。
 とりあえず・・・こちらも発売まで先は流そうだな・・・。

・KH2FM+
 こちらも期待大。GBA版のCOMのストーリーを3D&声付きで楽しめるだけでも面白そう。リクの「ここを越えたら闇を消せるのかな」のシーンは泣きそうだったよ・・・。オリジナル版からここ好きなもんで。いいところをプロモに使ってくれました。
 ファイナルミックスも、英語なのは残念だけど面白そう。CMで使われていた台詞の英語版(「心が命じたことは誰に求められない」)とかを交えたプロモでした。スクエニはいつも前作からのファンをニヤリとさせる要素をうまく取り入れてくれます。ロクサス戦も追加です。フードかぶったままだったけど、ダメージ与えると脱げるとか、そんな演出に期待。やっぱ顔が見たいよ。また、ソラの新フォームや新ダンジョンもあるっぽい。発売は2007年春、とのこと。
 そして、最後に2007年新プロジェクトスタート、みたいなテロップが。何だろう?3はヴェルサスあるからまだだろうしなあ・・・。アニメ化とか?

【オープンメガシアター】
 こちらは比較的空いていました。外からも覗けますが、並んで中に入れば、クローズドと同じポストカードセットが貰えました。気になったものの感想を。

ドラゴンクエストソード
 鳥山先生のデザインがやたら気合入ってる〜!!主人公はお約束のツンツン頭じゃなくて、クリクリと天然パーマ風です。女の子もかわいい。ゲームはWiiだから買わないだろうなあ・・・。
 
FF12RW
 ヴァンとパンネロが飛空艇に乗り込むシーンの、ちょっと臭いラブロマンスがいいな。なんでこれを本編でやらないんだ・・・。一番最後にバルフレアが「主人公は引退だ」宣言があってウケた。FF12本編でヴァンが主人公じゃなかったことは、もはや公式見解なのね。DSでやっと主人公になれてよかったね。

 その他、モバイルゲームをグッズ目当てで3種ほど遊びました。これらは回転速いのですぐ遊べました。フリー配布やアンケートなど含め、今回のスクエニブースはグッズ大盤振る舞いでした。以下に画像掲載。

 これでもほんの一部ですよ。私が貰えなかったのもたくさんあった。なんと太っ腹!全部買ったら3000円位はするんじゃなかろうか?これからもイベント行くぞ。

 と、言ったところで今回は終了。スクエニレポだけになってしまったけど・・・。

 <その2へ>