読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新たなる敵 はじめました 読み終わって一言 (ネタバレ)

タイトル通り!今読み終わったところなんだど一言叫びたくて…ってことで今からネタバレ!!








 






 えええええええ!続こうよこれーー!!!!本当の戦いはこれからな感じで終わっちゃってる…!!!続き要望ファンレター出さねば…!! 
 
 などととりみだしましたが面白かったです。すごく神坂先生。どんなところが…とざっくり言うと下記の二点。

1.お約束をいじる!
 世の中の物語のお約束にツッコミいれて茶化す手法は相変わらずのキレッキレです。今回は魔女っ子にフォーカス!いろいろお見事です…すす汚れwww

 2.価値観の違う存在から見た人間社会

 これもスレイヤーズの頃から神坂節ですよね。スポットが人間の女にムラムラしない、とか魔族は人間とは違う価値観・目的で存在しているとか。
 今回は機械生命体ラーヴァキアから見た人間社会の違和感が全面に押し出されます。中盤くらいからこの展開の面白さを、感じていたのですがあとがきを読むとむしろ魔女っ子よりもこっちがそもそものお話の核だったみたいで…!なんだか納得…!
 ラーヴァキアこと一新はそんな別の価値観を持った「人外」の主人公ながらも「人間の中学生の感覚が増幅して意識流れ込んでしまう」という設定の妙で感情移入出来るキャラクターになっています。笑いにもつながっていてこの辺さすがお見事!というか猫ww趣味全開ですか神坂先生www

 一言といいつつ、長めに書いちゃいましたが…以上、ファーストインプレッションでした!つづきーーー!

鳥獣戯画展行ってきました

鳥獣戯画展行ってきましたよ〜。
まず一言…行列すごい:(;゙゚'ω゚'):
8時前に行ったのにもうだいぶ列ができていて…200〜300人はいたでしょうか?それからもどんどん来る。雨などお構いなし。逆に涼しいからチャンス!と思った人が多かったのかも?私もです。
列整理が8時過ぎから始まりましたが、美術館の人が「今日はこれやばいな」と思わずつぶやくくらいの列。
公式Twitterを見ると開館前に1000人が並んだみたいで…。
コミケやらゲームショウやらを経験している私的には純粋に人の量という意味ではそんなには多くないと感じたのですが、会場も狭いですからね…行列これはやばい。
開館9時半なので一時間半ほど並んで…開館後はすぐに入れました。
入場制限をしているようなので、中はぎゅうぎゅう詰めという感じではなく、ゆったり見れました。
さて、これから行かれる方におせっかいな混雑対策アドバイス!

1.8時前に行くべし!2時間弱待ちで行けます。この後は開場後の待ち時間が長くなりそう。昼間は外で2時間、中で2時間の4時間待ちコースになるっぽい。

2.チケットは事前にコンビニ等で入手しましょう。チケット購入の列と開場待ちの列は分かれています。チケットブースは8時半頃にならないと開かないので、チケット列→開場待ち列と2回並ぶことになり、早く行くアドバンテージがなくなります。

3.鳥獣戯画は甲・乙・丙・丁の全四巻で構成されています。このうち、カエルとウサギの相撲など教科書等にも載っているお馴染みのあのシーンは甲巻にあたります。これが一番有名なので当然一番人気。閲覧のためには会場内でも並びます。ディズニーランド並の待機スペースが準備されていて、混雑を避けるためか順路の一番最後に配置されています。
 朝イチで会場内に入ったら…順路はとりあえず決して走らず、でも急いでスルーして…一目散に甲巻を目指しましょう…!他の展示はさほど混みません。あとからいくらでもゆっくり見れます。とにかく甲巻!これがやばい。私が入った時は10分待ちだったのですが、あれよあれよという間に大行列が出来ていて…出る頃には60分待ちに:(;゙゚'ω゚'):昼間は中で160分待ちとか恐ろしいことになるみたいです…。入ったらまずは甲巻!これ大事…。

 などと、混雑情報ばかり書いてしまいましたが、展示素晴らしかったです…!動物たちかわいいし、筆のタッチや紙の古さに歴史を感じる。それでいて今見ても古くないというか…日本人がマンガやキャラクター好きなのわかりますね。こんなに昔からマンガ書いてたんだもん。もっと眺めていたかった…。
 そして、グッズショップが散財ポイントすぎてこれもやばいwwもうかわいいのばっかりだよ…。書いすぎたよ。残念ながら、公式サイトで見かけて買う気満々だったマスキングテープは売り切れで5月下旬入荷でした…。欲しかった…(´;ω;`)

 行かれる方は行列覚悟でぜひ…!

林原めぐみのTokyo Boogie Night 1200回突破記念公開録音 レポ

 去る2015年5月9日、TBN公録こと「林原めぐみのTokyo Boogie Night 1200回突破記念公開録音」行ってきましたよ~!楽しかったです。Twitterにレポを書いたところ、皆さんに「臨場感が伝わる」などお褒めコメント頂きまして、調子に乗ったのでブログにサルベージします。

 ほんと、ただのコピペ状態ですけれども、忘備録のようになれば…。直後のハイテンション状態で描いておりますの、で少々痛いのもご愛嬌ということで…│・ω・)

 

 

 

   

5月9日

@Hamariya

はまりや(照り)@Hamariya

席は2階中程のセンターでとっても見やすかったです!!さすがに表情などは見えませんが、会場全体がみ渡せる!しかも両サイドの席が空いているというミラクル!なにこのゆったり見たいから両サイドの席も買っちゃった人的ポジション…ヽ(=´▽`=)ノちょっと寂しくもあるけどゆったり見れました。

posted at 19:59:14

   

5月9日

@Hamariya

はまりや(照り)@Hamariya

公録パートは放送されると思うので内容は割愛しますが、林原さんお美しかった(*´ω`*)HAYA SHIBARA48に見えない(*゚∀゚)トークも軽快で面白かった…さすがやで…。

posted at 20:02:38

   

5月9日

@Hamariya

はまりや(照り)@Hamariya

メッセージコーナーはかなりシンプル。前回、前々回とキティさんご本人登場や出演作品キャラ総登場のVTRなどアトラクション的な演出がありましたが原点回帰した印象です。林原さんもその場で初めて見たそうで、そのリアクションが好きなので今後もこの方式が好きかも。

posted at 20:22:11

    

5月9日

@Hamariya

はまりや(照り)@Hamariya

タイムカプセルのジャケットのお話とか。タイムカプセル収録キャラにちなんだアイテムを衣装にして身にまとった今回。右腕だけはネイルも含めて何も身につけてないすっぴん。これは、これからも新しい物を身に纏っていく意思表示なんだとか。こういう発想が素敵だわ…(*´ω`*)

posted at 20:48:48

   

5月9日

@Hamariya

はまりや(照り)@Hamariya

今回はスタチャ以外のキャラを再現とのことで、リナさんはいないっぽいけどもしいたらどんなモチーフになるのかな?タリスマン?( ゚д゚)ハッ!黄色い布(*´ω`*)

posted at 20:52:04

   

5月9日

@Hamariya

はまりや(照り)@Hamariya

これからライブパートのレポなど書こうかと思います。放送されるのは一部だと思いますが、ネタバレが嫌な方はミュート推奨です。ちょっとしたサプライズがあったので…。

posted at 20:55:31

   

5月9日

@Hamariya

はまりや(照り)@Hamariya

ライブパート!オープニングはOver Soul!「よみがーえーれー!」の冒頭が開幕曲にぴったりですね!会場いきなり総立ちです!2階席後方でしたが、みんながサイリウムやペンライトを振っている姿も見えてすごく綺麗でした!ハヤシくんペンライト普通に綺麗でしたww

posted at 20:59:38

5月9日

@Hamariya

はまりや(照り)@Hamariya

続けてお馴染みのイントロ…わかった人多かったのか会場騒然…そうGive a reasonキター!!!曲調のおかげというのもあるけれども、ギバリは開始後の会場のボルテージの上がり方が他の曲とは明らかに違う。キャーッて叫ぶ女の子もいたし、来た来た!みたいにざわつきます。

posted at 21:07:02

   

5月9日

@Hamariya

はまりや(照り)@Hamariya

これが人気曲の力!!個人的にはMCでの歌います宣言後じゃなく、サプライズ的に歌い出す今回のようなスタイルの方がこのふわーってテンションが味わえて好きなので嬉しかったです!前回はMCからの入りだったので…。

posted at 21:10:18

   

5月9日

@Hamariya

はまりや(照り)@Hamariya

スレイヤーズ曲はメドレーでした!続けてPlenty of grid〜Flont breaking!熱い熱いわ!正面突破の時は赤い色のライトが灯っていたのが印象的でした。イメージカラー赤の曲ですものね。途中声が詰まる場面があり…どうやらオープニングで…ダメージ大きかった…?

posted at 21:20:46

   

5月9日

@Hamariya

はまりや(照り)@Hamariya

メドレーは今回3曲のみで少し短めでした。でも…1曲目ののOverSoul含め、スレイヤーズファンの私的にもこの開幕パートは前座にすぎないと思ってしまうくらいこの後のセトリが神がかっていた…。定番・有名曲を最初にぶちかましちゃおう的な演出だったのかな。

posted at 21:27:11

   

5月9日

@Hamariya

はまりや(照り)@Hamariya

そういえばギバリのフルサイズって生で聞いたことないや…なのでキンスパ頼みます!多分来るきっと来る…今日の盛り上がりで盛り上がり的にも知名度的にも必須曲と心底思いましたもの。

posted at 21:31:34

   

5月9日

@Hamariya

はまりや(照り)@Hamariya

続けてMCパート。なんか深い話で聞き入っちゃったよ。歌手としても人気を得てスター街道を歩いてきた…ように見える林原さんですが…そもそもがあくまで声優志望であり歌を歌うことは本意ではなかったそうで、当初は「歌わされていた」という意識があったそうです。

posted at 21:41:01

   

5月9日

@Hamariya

はまりや(照り)@Hamariya

それが、歌い続けるうちにいろいろな人と出会い、次第に楽しいと思えるようになったといいます。歌うことは本意ではなかった話は過去にも聞いたことがあったのですが、今回なんか深く考えてしまって…望まない道でも続けていれば楽しくなる事もあるのだなあとか…。

posted at 21:52:42

   

5月9日

@Hamariya

はまりや(照り)@Hamariya

ここから単なる自分語り何だけれども…公録パートで「夢を叶えるために頑張ってます!」的なお葉書がたくさん読まれていて、「私は好きで今の会社に入ったわけじゃないしなあ…」と羨ましく感じていたんですね。その直後だったからか、なんだか深い話に思えてしまって。

posted at 22:00:29

   

5月9日

@Hamariya

はまりや(照り)@Hamariya

なのでよし、もうひとふんばり、がんばるか的な。必ずしも望むことばかりはできないけど続けていればいいこともあるよー、みたいな。自分を見つめ直してしまったのです。だからああ、これは公録と言う名の自己啓発セミナー!とかもんもんww

posted at 22:04:21

   

5月9日

@Hamariya

はまりや(照り)@Hamariya

なんか脱線したけどここで3曲目は岡崎律子さん曲より 「素直な気持ち」。「素直になることは難しいけど大切」とのMCが心に響く。申し訳ないのですが実は初聞きだったこの曲…でも名曲ですね。脳内自己啓発セミナー中だったので余計心に染み渡る…。

posted at 22:18:52

   

5月9日

@Hamariya

はまりや(照り)@Hamariya

岡崎律子さん曲についてはいつかまとめたものを形にしたい、と具体的な予定などには触れませんでしたが嬉しいコメントも。気になります…!

posted at 23:15:59

 

5月10日

@Hamariya

はまりや(照り)@Hamariya

新アルバム「タイムカプセル」からのコーナー。らんま1/2から夢のBalloon。念のため「やけくそになって歌っているので音程外してうたっている設定」と解説がwタイムカプセルではちゃんと歌い直すことも一瞬だけ考えたけど「これはこれがいいんだ」、とそのままのこす形に。

posted at 02:40:32

   

5月10日

@Hamariya

はまりや(照り)@Hamariya

でも、会場の方限定で少しだけちゃんと歌ったバージョンもお届けするとのこと!やった!レア!!もう一曲はチンプイより「シンデレラなんかになりたくない」。最後に曲がフェイドアウトして終わるという当時っぽい雰囲気も楽しんで頂けたら…とコメント。

posted at 02:46:15

   

5月10日

@Hamariya

はまりや(照り)@Hamariya

2曲続けて…!夢のBalloonは最初下手に歌う→2コーラス目は普通に歌う→そしてまた音程外す、という感じのレアなバージョン!ただ、声きつそうで時々出てないところも…今回プレグリあたりで持っていかれてしまったようでつらそうな場面が多くて心配に…おこえをだいじに(´;ω;`)

posted at 02:50:19

   

5月10日

@Hamariya

はまりや(照り)@Hamariya

給水長めのパートもあったし…開幕から飛ばしたのがきつかったのか体調あまりよろしくなかったのか(´;ω;`)ちょいちょいハラハラでしたよ…そんなライブ感。キンスパ大丈夫かな…。

posted at 02:53:27

   

5月10日

@Hamariya

はまりや(照り)@Hamariya

「シンデレラなんかになりたくない」…こちらも名曲ですね。何気に歌詞が時代を先取りというか、これを子供の頃に聞いていたような世代が20年以上経ったから今があるのか?みたいなことを考えてしまいましたよ。CD持ってないのでタイムカプセルで聞くの楽しみです!

posted at 02:58:13

   

5月10日

@Hamariya

はまりや(照り)@Hamariya

そして最後の曲…スレイヤーズの最後の最後に作った曲…との振りで J​u​s​t​ B​e​g​u​n!​すっかりラスト曲の定番となりましたね。3回連続かな。最後の曲早い… (´;ω;`)と思ったけどこれはサプライズへの布石だった(*゚∀゚)!

posted at 03:05:22

   

5月10日

@Hamariya

はまりや(照り)@Hamariya

しっとりと歌い上げます…やはり途中お声ががが…(´;ω;`)うん、大丈夫伝わります(๑•̀ㅂ•́)و✧歌詞との妙なシンクロ感が(*´ω`*) それはさておきやはり深い歌詞ですね。歳を重ねるとそうだな…昔はこうだったな、とか若さってこうだよな、と思い返すような感じ。

posted at 03:11:20

   

5月10日

@Hamariya

はまりや(照り)@Hamariya

林原さん歌いながらゆっくり手を左右に振って、ペンライトを降るように促す→汲み取った会場の一体感がまた素敵…!!前回もだったのですが、途中舞台を左右に移動して手を降ってご挨拶している姿がかわいくって萌えたわ…(*´ω`*)最後はさり際に一礼。

posted at 03:16:34

   

5月10日

@Hamariya

はまりや(照り)@Hamariya

そして…お約束のアンコール!若干長めのインターバルで…再登場!うおおおおおお!衣装かわええええええ!絶対領域やべええええええ(ㆁωㆁ*)(ㆁωㆁ*)(ㆁωㆁ*)(ㆁωㆁ*)!視線釘付けですよ!!歌うは先週の放送で予告されていた 「C​O​M​E​ T​R​U​E」!

posted at 03:19:56

   

5月10日

@Hamariya

はまりや(照り)@Hamariya

この曲も先週のラジオで初めて聞いたのですがいい曲ですね(*´ω`*)アルバム用にアレンジしたバージョンだそうで、アレンジのたかはしごうさんが「会場でみんな合唱できるようにラララパートを入れてくれた」とのことでみんなで大合唱!

posted at 03:23:50

   

5月10日

@Hamariya

はまりや(照り)@Hamariya

続いてはラストに T​o​k​y​o​ B​o​o​g​i​​e​ N​i​​g​h​​t​ で締めかな、と思ったら嬉しいサプライズ!!3月にハートフルステーションが終ってしまった事に触れ…「物事は永遠じゃないんだな、と実感した」とのコメント…これは会場も納得しんみり。

posted at 03:27:05

   

5月10日

@Hamariya

はまりや(照り)@Hamariya

そして…「東京で歌うことがなかったこの曲をみんなで大合唱しよう」との振りで虹色のスニーカー!キター!この演出は粋すぎる……!それだけじゃなくて T​o​k​y​o​ B​o​o​g​i​​e​ N​i​​g​h​​t​ もで2曲続けてだって…!バンバンバン!大興奮!

posted at 03:30:49

   

5月10日

@Hamariya

はまりや(照り)@Hamariya

「みんなで歌ってこれで5日くらいは元気出ると思うよ!それから先は自分でなんとかしろ!」とありがたいお言葉wwwやっぱり公録という名の自己啓発セミナーwww終わったあと「仕事がんばろー」って言ってた人いたしw何かしら持ち帰っていくんだよみんな( ´∀`)

posted at 03:38:02

   

5月10日

@Hamariya

はまりや(照り)@Hamariya

虹色のスニーカーはライトアップも虹色の七色!2階はライトが眩しいくらいに目に飛び込んでくる(*゚∀゚)!虹色のスニーカーを聞きながら「ああ、これで2つの番組はひとつになるんだな」とかしみじみ…。終わったことは受け入れていたもののどこか宙ぶらりんの思いがやっと落ち着いた感じです。

posted at 03:38:17

   

5月10日

@Hamariya

はまりや(照り)@Hamariya

T​o​k​y​o​ B​o​o​g​i​​e​ N​i​​g​h​​t​ は打って変わって青色のライトアップ。舞台には□が組み上がった鉄骨?みたいなオブジェがあったのですが、ライトアップで夜の高層ビルみたいに見えました。夜の街素敵(*゚∀゚)

posted at 03:41:07

   

5月10日

@Hamariya

はまりや(照り)@Hamariya

みんなで大合唱のあとに… B​e​c​a​u​s​e​に乗せて説法タイム。来たよ来たよこれがなければ帰れない(*゚∀゚)。やはり公録と言う名のry 信者乙と言われたら信者なのですみません、ってなるわもうw会場しっとりしんみり…。来週も絶対チューニングします!バイバイ!

posted at 03:46:53

   

5月10日

@Hamariya

はまりや(照り)@Hamariya

とりあえずレポは以上です…ほんと楽しい公録でした(*´ω`*)また2年後…開催を祈って…「どうなるかわからないけどできるところまで続けて行きます」とのお言葉が身にしみる…。

posted at 03:50:10

お引越し

 こっちのブログをすっかり放置している間にはてなダイアリーがリニューアルしてHatena Blogなるサービスができていたようで。今までのも使えるみたいですが、新しいサービスの方がいろいろできることも多い…ってことでお引越しです。

 旧ブログに飛ぼうとすると自動で転送されるみたいなのでブックマークやリンクの変更等は不要のようです。

 相変わらず更新頻度は低いと思いますが、今後ともなにとぞよろしくお願いいたします。

スパコミ参加します!

 更新すっかりご無沙汰しているうちにこのブログが10周年を迎えておりました…。それはさておき、スパコミに参加いたします!スレイヤーズオンリー、プチオンリー以外の即売会に参加するのは実は初でドキドキしております!下記に詳細を…

5/4(月・祝)10:00〜15:00 SUPER COMIC CITY24
会場:東京ビッグサイト
サークル名:名称未定2ごう
スペースNo.:東6ホール ほ15a

■新刊(無料配布):小説コピー本「月夜のワンサイドゲーム」お試し版
コピー本 A5サイズ 8頁 無料配布(ご自由にお持ちください)
内容:
リナ&ガウリイVSゼロスがガチンコバトルをするお話です。とある満月の夜…リナとガウリイの前に突然現れたゼロス…その目的は!?
未完成につき今回は冒頭部分のみのお試し版を無料配布いたします。

※ゼロスとの戦闘があるSFC版の展開にショックを受けた方にはお勧めできません。

■再販:考察本「スレイヤーズ歴史学」(ドラまた新書001)
オンデマンド印刷 新書サイズ 112頁 予価:500円 
※2012年11月スレイヤーズオンリー「とことんスレイヤーズ」及び2014年10月のスレイヤーズプチオンリー「混沌鍋パ」で頒布したものを再販しました。
サンプル:Pixivサンプル
収録内容など詳細は過去記事↓を参照願います。
11/24スレイヤーズオンリーで「スレイヤーズ歴史学」頒布します!


■再販:考察本「スレイヤーズ魔法学」(ドラまた新書002)
オンデマンド印刷 新書サイズ 96頁 予価:400円 
概要:
魔法…それはスレイヤーズの華!!その発動条件とは?一体どんなプロセスで発動するのか?リナの持つタリ
スマンの魔力増幅効果の実態とは?竜破斬開発の裏側に隠された謎とは?…などなどスレイヤーズ世界の「魔法」にスポットを当てた考察本!

サンプル:Pixivサンプル
 (Pixivに画像でサンプルを掲示しています。)
収録内容など詳細は過去記事↓を参照願います。
10/12(日)スパーク内 スレイヤーズプチオンリー「混沌鍋パ」参加のお知らせ

 ありがたいことに過去イベントで好評頂きました考察本2種を再販いたします!再販は本当にこれで最後になる予定です。ご興味がありましたら是非…!今回は残部が出たら通販も行う予定です。少しお時間を頂いてしまうかもしれませんが、またこのブログで告知させて頂きますね。申し訳ございませんが、予約・お取り置きは受け付けておりません…ご了承ください。
 そして…再販だけでは寂しいので…無料配布のペーパーを作りました!1年くらいちょこちょこ書き足しているリナVSゼロスのお話です。未完成のため、今回は8頁のお試し版という形になっています…途中で終わってますけれども、会場にいらっしゃる方はお手に取って頂けたら嬉しいです!
 冒頭にも書きましたがオンリー、プチオンリー以外は初の参加です。今回はスレイヤーズは10サークルほどという事でまったりペースになりそうな予感で、いつも人の多さにテンパっていた私的には落ち着いて参加できるかな…と楽しみです!

「ゼフィーリアの悪魔」秋田禎信先生版スレイヤーズの設定検証と感想など

 スレイヤーズ25周年あんそろじー収録秋田禎信先生の作品はリナの魔道士協会時代を描いた一作…ファン的にこの時期のリナのお話というのは読んでみたかったので念願叶って大興奮です!
 さて本作、秋田先生ご自身も「設定はでたらめです」と語るように、原作で垣間見えるリナの幼少期エピソードとは異なる部分があります。野暮とは思いつつもそのあたりを確認しつつ秋田先生のオリジナルな設定の魅力を検証していきたいと思います。

1.魔道士になるつもりはないと語るリナ

 これは本作の最大の肝であり、意外性という意味で多くの読者の興味を引いた設定だったと思います。
秋田版リナは、魔道士になりたくて魔道士協会に通っているわけではないと語ります。いろいろな学校追い出され….(トラブルを起こしたニュアンス)ようやっと行き着いたのが魔道士協会。「ここまで追い出されたら家で姉ちゃんの家庭教師」という背水の陣で協会通っている…目的は魔道士になることではなく、他に居場所がなくて仕方なく通っていたというのです。

 スレイヤーズせれくと4 収録の「超巨大あとがきRX スレイヤーズうら話」には、リナが魔道士協会に通うようになった経緯として、
「姉へのコンプレックスと、魔道関係への好奇心から親にねだって協会に通わせてもらった」
といううら話が登場します。
 また、「スレイヤーズすぺしゃる20ミッション・ポッシブル」収録の「ランナウェイ・ガール」でリナは、
「あたしが魔道士を志したのは姉ちゃんに認めて欲しい、勝ちたいというのがそもそもの動機だった」
と語ります。

 目的ではなく手段というニュアンスは含むものの、原作リナはあくまでも魔法に興味があり、魔道士になるために魔道士協会に通っていたと思われ…この魔道士になる気がなかったリナは秋田先生オリジナルの設定だと思われます。

 また、魔法を習い始めた時期についても秋田リナは10歳くらいと一般より遅れて学び始めた設定ですが、原作リナは「遠き日の決着」によれば少なくとも10歳になる前には炎の矢が使えたみたいでだいぶ幼い頃から協会に通っていたようです。

 この秋田版リナの衝撃発言、私、初めて読んだ時に原作設定を忘れてすっかり受け入れてしまいました。その理由…一つ目は意外性という面白さがあって引き込まれたこと。そしてもうひとつは「魔道士にならないよ」としれっと言い放つリナのドライさ、冷静さが原作のリナの持つそういった雰囲気にマッチしていて説得力があるんですよね。「ああ、リナさんこういうこと言いそう!」って思っちゃった。

 そう、秋田版リナは、原作中に登場するリナのイメージ通りなのです。性格は昔から変わっていないんだなと思わせる男前なかっこよさ。
 魔道については素人ながらも高いポテンシャルの片鱗を見せる「天才」として描かれます。

 これは私個人の想像ですが、「姉ちゃんへコンプレックス」から魔道士協会に通ったリナは…もうちょい泥臭いといいますか…旅に出る前に知られざる下積み時代があったんじゃないかとか思うのですよ。
 すぐに魔法を使えるようになったみたいなので魔道の才能はすぐに開花したみたいですけれども、目的・目標であった姉ちゃんにはずっと勝てなかったわけで…。
 なので、ああ見えて努力の人なんじゃないかとか。
 あの不屈の精神も姉ちゃんに凹まされてそれでも立ち上がってきたからこそのもののように感じていました。

 そんな思い込みがあったからこそ、秋田先生のリナは原作中のリナのイメージそのままといいますか、リナって昔からリナだったんだ!と逆に新鮮でした。
 この天才イメージは、多分第三者の視点だったからというもの大きいですね。
 リナの心理描写つきだと、父親殴り込みに来たところで「やばい、さらに大事になってここ追い出されたら姉ちゃんにしばかれる…」とか実はもっと焦ってたかも?

 この大胆とも言える設定変更は、スレイヤーズらしさ、リナらしさを出しながらも秋田先生のオリジナリティが発揮されているように感じて、とても楽しく読めました。

2.予言にある「魔に禍いをなす運命の子」

 これも秋田先生のオリジナル設定だと思われます。流石に原作の隠された設定だったら後付けが過ぎますぜ的な…リナさん大好きな秋田先生のラブコールでしょう。

 リナは、ファンタジーの王道主人公である王族や選ばれし勇者などではなく、あくまで立場としては一庶民、一介の旅の魔道士である、というところがスレイヤーズアイデンティティの一つかなとも思うので…。

 とは言え、この設定があることでごく短編である秋田版スレイヤーズが「想像の余地」を残して締めとなっていて今後の展開など夢が広がる追加設定だと思います。ええ、これはもう続き読みたい!リナが魔道士になるまでのお話!
 勝手ながらちょっと想像してみた。
 イスタレン先生はその後もリナの師匠のような立場になるのでしょうねえ。予言については本人には伝えません。「ぼく」こと一人称の少年にも口止めします。
「まだ彼女が運命の子なのだと100%決まったわけではない。もし違った場合、余計な枷を背負わせてしまうことになる。いや、それより…リナくんの場合は『そういうめんどいのパス』とか言って協会を辞めてしまうかもしれない…。可能性がある以上それは避けたいところです。」とかなんとか。
 少年は納得しつつも
「大人って汚いですね。」
「君も大人になればわかります。」
みたいなやり取りがあったりなかったり。

 実際に魔法を本格的に習い始めたらを面白くてのめり込んじゃうリナ。そして数々の試練を持ち前の度胸とツッコミ力でクリアしていく。少年もその後も成り行き上一緒にリナと行動することが多くなって…いつしか抱く淡い恋心…でも全く気づかないリナに振り回される日々を送る。

 そんな日々の中、リナの魔道士としての成長スピードについて行けなくなる少年。コンプレックスからしだいに距離を置くようになってしまう。

 わだかまりを抱えたまま、ついにリナが旅に出る日が近づいてくる。
 ある日、協会の廊下ですれ違う二人。

「久しぶり…旅に出るんだって?」
「まーね。姉ちゃんがさ、『世界を見てこい』ってさ。なんかよくわかんないけど面白そうじゃん。」
 遠足の前の日の子供のような口調でこともなげに言い放つ。その視線はもう旅に出た先の…遠い世界を見ているようだ。
 ふとすっかり忘れていたイスタレン先生の言葉を思い出す。彼女は予言にある「魔に禍いをなす運命の子」だと。
 リナ生ける禍いインバースはきっとこれから旅に出て魔族に…この世の終わりと等しい彼らに黄昏を与えるのだ。そうか、かつてのぼくがそんなものはいないと思っていたデモン・スレイヤーとは彼女…リナ大胆不敵インバースの事だったのだ!その時ぼくは確信した。
 そうだ、ぼくとリナ究極超人インバースはやっぱり住む世界が違うんだ。いや…これは最初からわかっていたことだ。リナ世紀末インバースは、これから彼女が本来いるべき世界へ…ぼくの手の届かない世界へ旅立っていくのだ。その世界では朝起きると真っ黒な太陽がギラギラといつくも昇っていて、リナデモン・スレイヤーインバースはその中から一番生きのいいやつを、手掴みでもぎ取って目玉焼きにして朝ごはんにするにちがいな…
 ぱーん!と横から頭を叩かれる。
「また失礼なこと考えてるでしょ。」 
 久しぶりの衝撃。
「…ったくどいつもこいつも…人のこと厄介払いするみたいに扱ってさ。ていうか、そもそも最近あんたあたしのこと避けてない?そりゃクラスも離れちゃったし、会うことも減っちゃったけどさ…それにしたって露骨よ!あたしは…あんたのこと…その…友達だと思ってたんけど…違うわけ!?なんかこう、気の効いた餞別の言葉とかあってもいいんじゃない!?」
 そう言って頬を紅潮させながら視線を外したリナは…歳相応の…彼女の背負う運命には不釣り合いの…一人の小さな女の子に見えた。
 ぼくは動揺を隠しながら、
「まあ、気が利いてるかはわからないけど…きみなら大丈夫だと思うよ。」
 そう言いつつ右手を差し出す。
「とーぜんよ!」
 リナ自信過剰インバースは、満足そうに微笑んでその手を力強く握り返す。その手を伝ってぼくにまで力がみなぎるような気がした。そう、彼女は大丈夫だ。ぼくは…信じることしかできないけど、リナ悪友インバースはきっと己の運命にも打ち勝つ。そんな気がするんだ。
 と、リナ強欲インバースは握ったぼくの手をそのまま引っ張って…
「じゃさ、大切なオトモダチの門出を祝って、ケーキでも食べに行きましょうか。もちろんあんたのおごりね!」
「ああ、こんなオチだと思ってたさ…父さん、母さん僕はもう帰れないかもしれない…でもどんなことがあっても家に迷惑をかけるようなことは…」
「だからメモを書き残すなー!」

みたいなやり取りの後にリナは旅立っていくとかなんとか妄想しましたすみません捏造です。少年のキャラ定まってなくてすみません…。
 あとはリナ帰郷後の再会のエピソードとか、イスタレン先生が予言について語ってリナが嫌な顔をするお話とか妄想広がりますね。

3.呪力障壁なんて誰が覚えてんのよ

 これは小ネタな部類。本編14巻のヅェヌイ戦で使われてるからみんな覚えてるんじゃないか的なツッコミどころですね。
 でも、きっと秋田先生が神坂先生に設定聞いてみたら「知らん」って返されることが多くて、それをネタにしてみたっていう、秋田先生だからこそできるメタなネタなんじゃないかとか。このノリとテンポの良さが好きです。

 と、いろいろ書いてきましたが、「ゼフィーリアの悪魔」面白かったです!個人的には今回のMVPは秋田先生です。もしあんそろじー第二弾なんて企画があったら、続きをぜひ!ぜひに!!

混沌鍋パありがとうございました!

 遅ればせながら…スレイヤーズプチオンリーでスペースに来ていただいた皆様、ありがとうございました!当日はスレイヤーズスペースの皆さんは軒並み大盛況で売り切れ続出されていたようです。うちのスペースでも12時過ぎ頃にはすべて完売となり…嬉しいやら買いに来て頂いた方には申し訳ないやら…。Twitter見ていても去年のニコ生やSANKYOさんの大座談会以降にスレイヤーズ再燃した人が多いように感じていましたので、その勢いが即売会にも反映されたのかなーとか。スレイヤーズの勢い、素敵!!
 スレイヤーズ歴史学、魔法学共に完売のため通販はありません…すみません…。せっかくスペースにお越し頂いたのに買えなかった方もいらっしゃったようで…申し訳ないです…。何らかの形でもう一度皆様のお目に触れる形にできたらなと考えております。
 「何らかの形」…今のところ2案ありまして、一つ目はWebでの公開です。ピクシブにサンプルアップしたら意外に多くの反響頂きまして…多くの人に見てもらえるのは嬉しいですね。ただ、購入頂いた方に申し訳ないので、Webアップするとしても、少し…少なくとも1年くらいは時間を置いてからになるかと思います。
 もう一つは…紙媒体での再販です。実のところ、元々あまりイベントに参加する方ではなかったので、鍋パ前の段階では「今回のイベントでの売り切り」を想定していました。でも、今回参加してみて…サークル参加はこれで5回目ですが…ようやっとサークル参加の真の楽しさに気づいたところがありまして…。何を当たり前のことを…って思うかもですが、同人誌即売会って「交流の場」なんですね。私、一般だと、お知り合いの方にご挨拶とかはするのですが、それでも滞在時間はせいぜい1時間くらいで、買って帰るだけ、になってしまうことが多くて…でも、自スペースがあると、長い間留まりますので、交流する機会も増えるという楽しさが!サークル参加のためには、やはり本を出さなきゃ!っていう気持ちになってくる、と。…「本を作ったのでイベント出る」だったのが見事に逆転現象wで、せっかく既刊を「欲しい」と言ってくださる方がいるなら、再販も考えたいな、と思いまして…。今度再販する際は、通販も前向きに検討したいと思います。
 なんて、あくまで今漠然と思っていることなので、実現するかはわからないですけれども…。再販しない場合はWeb公開します。でもサークル参加そのものはまたしたいです!ありがとう鍋パ…!

 なんて自分語りがすぎた…当日の思い出などを。
 当初はぼっち参加なつもりでした。でも…鍋パが近づくにつれてだんだん不安に…ということで、浮月さんにヘルプをお願いしたところ快諾頂きまして…ほんと助かりました…当日のあの盛況ぶり…一人じゃ買い物も行けずテンパりんぐだったかと…浮月さん、ありがとうございました…!
 で、私、買い物でスペース開けている時間もありまして…その時にスペースに来てご挨拶や差し入れをくださった方も多かったようで…すみません(((( ;゚Д゚)))。でも浮月さんにご伝言伺いました。「REVO、EVOのころからブログ見てます」との嬉しいお言葉も頂いたようで…嬉しいですヽ(*´∀`*)ノ.+゚。
 スペースには皆さんから頂いたひよこやからあげグッズがたくさんでカオス状態だったという…。すからさんがハンター教会バッジ持ってきてくれた。「ターゲット科」らしいよ。ハンターのバッジをつけたキイロさんと明夜さんに狙われていた私…。キイロさんは狩るだけじゃなく豆をくれた。餌付けされた…狩猟民から農耕民に…。ヒヨコキャラ、みんなにいじって貰えて喜んでいいのか食われてるだけなのか…w でも、みんなに食われるキャラとして覚えてもらえてるのは喜んでいいんじゃないかと思うんだ。

 差し入れもたくさんいただきました…!ありがとうございます…!今日撮った写真です。写真にないのは既に我慢できなくてもぐもぐしちゃいました。
 色々あって書ききれませんが…主催の皆様、サークル参加の皆様、一般参加の皆様…すべての鍋パに関わった皆さま、ありがとうございました!